お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-01 10:00
DNS Cookieの普及・運用状況の実態調査と今後の展望
矢島雅紀早大)・千葉大紀NTT)・米谷嘉朗日本レジストリサービス)・森 達哉早大/NICTICSS2020-28
抄録 (和) DNSキャッシュポイズニング攻撃が再び着目されている.
こうした攻撃への対策手法として,2016年に DNS Cookie が標準化された.
本研究は,DNSを構成する権威DNSサーバ,フルリゾルバ,スタブリゾルバに着目し,現時点でどの程度のDNSサーバが DNS Cookie に対応し,正しく運用できているかを大規模に調査する.
さらに他の主要なDNSセキュリティ機構である DNSSEC,DNS over TLS (DoT),DNS over HTTPS (DoH) の普及・運用状況も合わせて調査する.
得られた知見に基づき,DNSセキュリティ機構のさらなる普及に向けた提言を行う. 
(英) DNS cache poisoning attacks have received increasing attention these days.
As a countermeasure against such attacks, DNS cookies were standardized in 2016.
In this study, we focus on authoritative servers, full resolvers and stub resolvers in the DNS, and conduct a large-scale measurement of how many of these servers currently support DNS cookies and are operating correctly.
In addition, we also investigate the spread and operation status of other major DNS security mechanisms such as DNSSEC, DNS over TLS (DoT), and DNS over HTTPS (DoH).
Based on the findings of our study, we provide recommendations for the further adoption of DNS security mechanisms.
キーワード (和) DNS Cookie / DNSSEC / DoT / DoH / / / /  
(英) DNS Cookie / DNSSEC / DoT / DoH / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 384, ICSS2020-28, pp. 13-18, 2021年3月.
資料番号 ICSS2020-28 
発行日 2021-02-22 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICSS2020-28

研究会情報
研究会 ICSS IPSJ-SPT  
開催期間 2021-03-01 - 2021-03-02 
開催地(和) オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 
開催地(英) Online 
テーマ(和) セキュリティ、トラスト、一般 
テーマ(英) Security, Trust, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2021-03-ICSS-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DNS Cookieの普及・運用状況の実態調査と今後の展望 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Understanding the Adoption and Operation of DNS Cookie: Current State and Future Prospects 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DNS Cookie / DNS Cookie  
キーワード(2)(和/英) DNSSEC / DNSSEC  
キーワード(3)(和/英) DoT / DoT  
キーワード(4)(和/英) DoH / DoH  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢島 雅紀 / Masanori Yajima / ヤジマ マサノリ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 大紀 / Daiki Chiba / チバ ダイキ
第2著者 所属(和/英) NTTセキュアプラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 米谷 嘉朗 / Yoshiro Yoneya / ヨネヤ ヨシロウ
第3著者 所属(和/英) 日本レジストリサービス (略称: 日本レジストリサービス)
Japan Registry Services (略称: JPRS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 達哉 / Tatsuya Mori / モリ タツヤ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学/NICT (略称: 早大/NICT)
Waseda University/NICT (略称: Waseda Univ./NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-01 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2020-28 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2021-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会