お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-01 13:55
レンタカー走行データを活用した車両管理システムの提案
中原和真丹羽康文野林大起塚本和也池永全志九工大SITE2020-43 IA2020-39
抄録 (和) 公共交通機関の充実や高い車両管理維持費,さらにはシェアリングエコノミーの拡大や格安レンタカーの登場により,生活者の日常の交通手段として車両の利活用が見直されている.
乗用車両の利用拡大に伴い交通トラブル等も増加し,高齢ドライバーの交通事故と並び社会問題となっている.
一方で,訪日外国人観光客の利用も含めたレンタカーの利用拡大により,駐車違反や交通事故の増加など,様々なトラブルによりレンタカー事業者の運用コストが増大している.
そこで本研究では,我々がこれまで提案してきた車両の走行データ収集基盤を用いて収集したデータを活用し,レンタカー事業者の運用改善を実現する車両管理システムを提案する. 
(英) With the improvement of public transportation, high maintenance costs of private cars, the expansion of the sharing economy, and the appearance of inexpensive rental cars, vehicles' utilization is being reviewed as a daily means of transportation for consumers.
The traffic trouble increases with the utilization extension of such vehicles, and it becomes a social problem as well as the traffic accident of the aged driver.
On the other hand, by the utilization extension of the rental car including foreign tourists' utilization, the rental car business's operation cost increases by various troubles such as the increase of parking violation and traffic accident.
This paper proposes a vehicle management system that improves rental car operators' operation by utilizing the data collected using the vehicle data collection system that we have proposed.
キーワード (和) MaaS / IoT / 走行車両データ収集 / データ利活用 / / LoRa / Wi-Fi /  
(英) MaaS / IoT / Driving Collection / Data Utilization / / LoRa Communication / Wi-Fi Communication /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 381, IA2020-39, pp. 29-32, 2021年3月.
資料番号 IA2020-39 
発行日 2021-02-22 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2020-43 IA2020-39

研究会情報
研究会 SITE IA IPSJ-IOT  
開催期間 2021-03-01 - 2021-03-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2021-03-SITE-IA-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レンタカー走行データを活用した車両管理システムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Vehicle Management Application using Driving and Location Data for Running Vehicles 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MaaS / MaaS  
キーワード(2)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(3)(和/英) 走行車両データ収集 / Driving Collection  
キーワード(4)(和/英) データ利活用 / Data Utilization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) LoRa / LoRa Communication  
キーワード(7)(和/英) Wi-Fi / Wi-Fi Communication  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中原 和真 / Kazuma Nakahara / ナカハラ カズマ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyusyu Institute of Tecnhnorosy (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丹羽 康文 / Yasuhumi Niwa / ヤスフミ ニワ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Tecnhnolosy (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野林 大起 / Daiki Nobayashi / ノバヤシ ダイキ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyusyu Institute of Tecnhnorosy (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyusyu Institute of Tecnhnorosy (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyusyu Institute of Tecnhnorosy (略称: KIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-01 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2020-43,IEICE-IA2020-39 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.380(SITE), no.381(IA) 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SITE-2021-02-22,IEICE-IA-2021-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会