お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-02-22 15:45
非接触音響探査法の欠陥検出における規格化スペクトルエントロピーの検討
杉本和子杉本恒美桐蔭横浜大US2020-72
抄録 (和) 非接触音響探査法は,非接触非破壊で遠隔からコンクリートなどの複合材料の内部欠陥を検出・映像化する方法である.対象面を音波で振動させ,レーザドップラ振動計による2次元的振動速度分布測定からデータ解析を行う.内部欠陥の検出のため,振動エネルギー比とスペクトルエントロピーを用いた,健全部と欠陥部の識別法を提案してきた.しかしながら,従来用いていたスペクトルエントロピーは,絶対値ではなく相対値で,同じ測定条件では同程度の値を示すものの,異なる測定条件における値との直接比較はできないという問題があった.そこで,規格化スペクトルエントロピーを導入し,異なる測定条件でも比較できるように,その適用条件等の検討を行った. 
(英) Noncontact acoustic inspection method is a non-contact non-destructive manner for remotely detecting and visualizing internal defects in composite materials such as concrete. The target surface is vibrated with sound waves, and data analysis is performed from the two-dimensional vibration velocity distribution measurement with a laser Doppler vibrometer. In order to detect internal defects, we have proposed a method for distinguishing between a healthy part and a defective part using vibrational energy ratio and spectral entropy. However, spectral entropy used in the past is not an absolute value but a relative value, and although it shows the same value under the same measurement conditions, there is a problem that it cannot be directly compared with the values under different measurement conditions. Therefore, we introduced normalized spectral entropy and examined the application condition so that a value can be compared the other in a different measurement condition.
キーワード (和) 非接触音響探査 / 内部欠陥検出 / 規格化スペクトルエントロピー / レーザドップラ振動計 / 音響加振 / / /  
(英) Noncontact acoustic inspection / Internal defect detect / NDT / Normalized spectral entropy / laser Doppler vibrometer / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 377, US2020-72, pp. 29-34, 2021年2月.
資料番号 US2020-72 
発行日 2021-02-15 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2020-72

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2021-02-22 - 2021-02-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) アコースティックイメージング、非破壊検査、一般 (共催:日本非破壊検査協会超音波部門、日本音響学会アコースティックイメージング研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2021-02-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非接触音響探査法の欠陥検出における規格化スペクトルエントロピーの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on normalized spectral entropy in defect detection of noncontact acoustic inspection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非接触音響探査 / Noncontact acoustic inspection  
キーワード(2)(和/英) 内部欠陥検出 / Internal defect detect  
キーワード(3)(和/英) 規格化スペクトルエントロピー / NDT  
キーワード(4)(和/英) レーザドップラ振動計 / Normalized spectral entropy  
キーワード(5)(和/英) 音響加振 / laser Doppler vibrometer  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 和子 / Kazuko Sugimoto / スギモト カズコ
第1著者 所属(和/英) 桐蔭横浜大学 (略称: 桐蔭横浜大)
Toin University of Yokohama (略称: Toin Univ. of Yokohama)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 恒美 / Tsuneyoshi Sugimoto / スギモト ツネヨシ
第2著者 所属(和/英) 桐蔭横浜大学 (略称: 桐蔭横浜大)
Toin University of Yokohama (略称: Toin Univ. of Yokohama)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-02-22 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2020-72 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.377 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2021-02-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会