お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-02-12 14:35
ユーザーの利用調査データに基づくモバイル端末のバッテリー劣化傾向の診断
浅野 実横川慎二石垣 陽電通大)・冨永潤一栗津浜一携帯市場R2020-36 EMD2020-27
抄録 (和) 高性能化,大容量化が進むリチウムイオン二次電池は,様々な機器・システムのモビリティ確保や,再生可能エネルギーの蓄電システムのために幅広く用いられている.一方で,その長寿命化が実現されると共に,資源の有効活用とゼロエミッションの実現のため,ユーザーや使用形式の変化を伴う二次利用が課題となる.一般的に,リチウムイオン二次電池の劣化はユーザーによる複雑な使用傾向に依存して進行が一様ではないため,二次利用の基準となる内部蓄電池の劣化状態を把握すること,劣化を緩和させる使用方法を把握することが重要である.本研究では,スマートフォンの使用方法に関するアンケート調査分析よりユーザーの使用傾向を把握し,使用状況に関するデータのみに基づいて,リチウムイオン二次電池の劣化を診断する方法を検討する.900名のスマートフォンユーザーに対する利用方法のアンケートデータより,統計解析と因果推論の手法を用いて使用傾向の分類と劣化に寄与する使用傾向と劣化量の予測方法について検討,提案する. 
(英) Lithium-ion secondary battery, which increased high performance and capacity, widely used to ensure mobility for various systems and devices and effective use of renewable energies. As the life of the batteries is extended, secondary use will be an issue in order to achieve effective use of resources and zero emissions. In general, the degradation of lithium-ion batteries is not uniform depending on the complex usage trends of users. Therefore, it is important for the secondary use to understand the degradation state of the internal storage batteries and the usage methods that reduce degradation.
In this study, we propose the estimation method of the degradation for lithium-ion batteries based only on usage data through questionnaire survey analysis of smartphone usage. The methods for classifying usage trends and recommending usage trends that suppress the degradation are investigated using statistical analysis and causal inference methods.
キーワード (和) スマートフォン / アンケートデータ分析 / クラスター分析 / ロジスティクス回帰 / / / /  
(英) Smartphones / survey data analysis / cluster analysis / logistics regression / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 360, R2020-36, pp. 13-18, 2021年2月.
資料番号 R2020-36 
発行日 2021-02-05 (R, EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2020-36 EMD2020-27

研究会情報
研究会 EMD R  
開催期間 2021-02-12 - 2021-02-12 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 機構デバイスの信頼性、信頼性一般(共催:信頼性研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2021-02-EMD-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユーザーの利用調査データに基づくモバイル端末のバッテリー劣化傾向の診断 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Battery degradation diagnosis of mobile devices by using questionnaire data for individual usages 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スマートフォン / Smartphones  
キーワード(2)(和/英) アンケートデータ分析 / survey data analysis  
キーワード(3)(和/英) クラスター分析 / cluster analysis  
キーワード(4)(和/英) ロジスティクス回帰 / logistics regression  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 実 / Minoru Asano / アサノ ミノル
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electrocommunications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横川 慎二 / Shinji Yokogawa / ヨコガワ シンジ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electrocommunications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石垣 陽 / You Ishigaki / イシガキ ヨウ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electrocommunications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨永 潤一 / Junichi Tominaga / トミナガ ジュンイチ
第4著者 所属(和/英) 株式会社携帯市場 (略称: 携帯市場)
Keitaiichiba (略称: Keitaiichiba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗津 浜一 / Hamakazu Awazu / アワズ ハマカズ
第5著者 所属(和/英) 株式会社携帯市場 (略称: 携帯市場)
Keitaiichiba (略称: Keitaiichiba)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-02-12 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2020-36,IEICE-EMD2020-27 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.360(R), no.361(EMD) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2021-02-05,IEICE-EMD-2021-02-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会