お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-02-05 15:45
組織シミュレータを用いた心理的距離の描画に関する基礎的検討
塩野目剛亮帝京大WIT2020-26
抄録 (和) 本稿では,社会的孤立を職場うつ病の要因の1つと想定し,人間関係を心理的距離で表現するキャンバスとしての組織シミュレータを提案する.いくつかの条件下で想定される描画のパターンを示し,シミュレータの可能性と限界について議論する.複数名によるシミュレータによる予備的実験の結果から,個人の認識と描画には多様性があることが示唆された 
(英) In this paper, we assume that social isolation is one of the factors of workplace depression, and propose an organizational simulator as a canvas to represent human relationships in psychological distance. We show possible patterns of drawing under several conditions, and discuss the possibilities and limitations of the simulator. The results of preliminary experiments with the simulator by several participants suggest that there is diversity in individual recognitions and drawing.
キーワード (和) 心理的距離 / 自己認知 / セルフモニタリング / 職場うつ予防 / / / /  
(英) Psychological distance / Self-recognition / Self-monitoring / Prevention of workplace depression / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 357, WIT2020-26, pp. 13-18, 2021年2月.
資料番号 WIT2020-26 
発行日 2021-01-29 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2020-26

研究会情報
研究会 WIT ASJ-H  
開催期間 2021-02-05 - 2021-02-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 聴覚/福祉/一般 
テーマ(英) Psychological and Physiological Acoustics and Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2021-02-WIT-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 組織シミュレータを用いた心理的距離の描画に関する基礎的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Basic Study on Plotting of Psychological Distance using Organization Simulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 心理的距離 / Psychological distance  
キーワード(2)(和/英) 自己認知 / Self-recognition  
キーワード(3)(和/英) セルフモニタリング / Self-monitoring  
キーワード(4)(和/英) 職場うつ予防 / Prevention of workplace depression  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩野目 剛亮 / Takeaki Shionome / シオノメ タケアキ
第1著者 所属(和/英) 帝京大学 (略称: 帝京大)
Teikyo University (略称: Teikyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-02-05 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2020-26 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.357 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2021-01-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会