お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-26 09:25
リアルタイム物体検出用FPGAアクセラレータの設計
坂 耕一郎古田雅則小林大祐東芝VLD2020-56 CPSY2020-39 RECONF2020-75
抄録 (和) 本稿では、SSD(Single Shot Detector)にSelf-Attention機能を追加し物体検出性能を強化したMASSD(Multi-Scale Attention SSD)アルゴリズムをハードウェア処理するためのFPGAアクセラレータの設計について述べる。ダイナミックな固定小数点化を用いることでハードウェアの小型化と高い検出精度を実現し、自律分散的なデータ転送と演算ユニットの制御を用いることでDRAMアクセスを最小化し高効率な演算コアを実現した。試作したFPGAシステムは、512×512画素のカメラ画像入力に対して最大約10FPSの高速処理を実現した。 
(英) This paper presents a FPGA accelerator design for a real-time object detection algorithm using MASSD (Multi-Scale Attention SSD), which incorporates a self-attention mechanism in SSD (Single Shot Detector).The FPGA accelerator employs dynamic quantization method to decrease resource utilization while maintaining computational accuracy. Autonomous data transfer mechanism in the accelerator increases the utilization of the computational unit by reducing DRAM access. The developed FPGA system successfully operates at 10 FPS with 512x512 input images.
キーワード (和) アクセラレータ / 物体検出 / SSD / Attention / MASSD / / /  
(英) Accelerator / Object Detection / SSD / Attention / MASSD / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 339, RECONF2020-75, pp. 96-100, 2021年1月.
資料番号 RECONF2020-75 
発行日 2021-01-18 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2020-56 CPSY2020-39 RECONF2020-75

研究会情報
研究会 CPSY RECONF VLD IPSJ-ARC IPSJ-SLDM  
開催期間 2021-01-25 - 2021-01-26 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) FPGA 応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2021-01-CPSY-RECONF-VLD-ARC-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リアルタイム物体検出用FPGAアクセラレータの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) FPGA Accelerator Design for Real-Time Object Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アクセラレータ / Accelerator  
キーワード(2)(和/英) 物体検出 / Object Detection  
キーワード(3)(和/英) SSD / SSD  
キーワード(4)(和/英) Attention / Attention  
キーワード(5)(和/英) MASSD / MASSD  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂 耕一郎 / Koichiro Ban / バン コウイチロウ
第1著者 所属(和/英) (株)東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古田 雅則 / Masanori Furuta / フルタ マサノリ
第2著者 所属(和/英) (株)東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 大祐 / Daisuke Kobayashi / コバヤシ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) (株)東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-26 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-VLD2020-56,IEICE-CPSY2020-39,IEICE-RECONF2020-75 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.337(VLD), no.338(CPSY), no.339(RECONF) 
ページ範囲 pp.96-100 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-VLD-2021-01-18,IEICE-CPSY-2021-01-18,IEICE-RECONF-2021-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会