お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-26 15:05
テキスト分類による不具合予測システムの実装と企業環境での評価
水野 修黒田翔太京都工繊大)・石原一宏バルテス)・山下大輔バルテス・モバイルテクノロジーMSS2020-32 SS2020-17
抄録 (和) ソフトウェア開発工程において,不具合(バグ)を早期に発見できれば,修正の労力を少なく抑えることができる.そのため,バグ予測についての研究は数多くなされてきた.我々は,そうした研究の1つとしてスパムメールの判別に用いられるベイズ識別を用いたシステムを提案してきた.本論文では,このシステムを用いて,実際の開発に利用できるようなツールに作成することを目的とした.

この研究において開発したツール,「CodeLamp」はEclipseプラグインとして利用することができるもので,ソースファイル,及びGitコミット差分について,テキスト分類に基づいたバグ予測を行うことができる.開発したツールをソフトウェア開発現場での実開発の一部に適用し,評価を行った.評価では,開発の版ごとに予測精度が変化する様が確認された.また,導入後に収集されたアンケート調査によって,さらなる改良点が明確になった. 
(英) In the software development, early detection of software defects
(bugs) contributes to mitigate the development effort and improve
the quality of software. For this reason, much research has been
done in the prediction of software defects. We proposed an approach
for defect prediction using the Bayesian classification. In this
study, we implemented a software system of our approach that can be
used in the actual software development.

We have applied our tool in a part of the actual development
project. Based on the feedback from the developers, we confirmed
that our tool can be used in the development.
キーワード (和) 不具合予測 / ソースコード / テキスト分類 / 実環境評価 / / / /  
(英) Defect prediction / Source code / Text classification / Field study / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 343, SS2020-17, pp. 19-24, 2021年1月.
資料番号 SS2020-17 
発行日 2021-01-19 (MSS, SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MSS2020-32 SS2020-17

研究会情報
研究会 MSS SS  
開催期間 2021-01-26 - 2021-01-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2021-01-MSS-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テキスト分類による不具合予測システムの実装と企業環境での評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Implementation of Text-classification Based Fault-prone Module Detection and Its Application to Industrial Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 不具合予測 / Defect prediction  
キーワード(2)(和/英) ソースコード / Source code  
キーワード(3)(和/英) テキスト分類 / Text classification  
キーワード(4)(和/英) 実環境評価 / Field study  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 修 / Osamu Mizuno / ミズノ オサム
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 翔太 / Osamu Mizuno / ミズノ オサム
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 一宏 / Kazuhiro Ishihara / イシハラ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) バルテス株式会社 (略称: バルテス)
Valtes Co., Ltd. (略称: Valtes)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 大輔 / Daisuke Yamashita / ヤマシタ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) バルテスモバイルテクノロジー株式会社 (略称: バルテス・モバイルテクノロジー)
VALTES Mobile Technology CO.,LTD. (略称: Valtes Mobile Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-26 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-MSS2020-32,IEICE-SS2020-17 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.342(MSS), no.343(SS) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2021-01-19,IEICE-SS-2021-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会