お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-25 09:50
FDTD法による音響シミュレーションのためのストリーム計算ハードウェアの設計と評価
多田大希北陸先端大)・上野知洋小柴篤史佐野健太郎理研)・河野隆太井口 寧北陸先端大VLD2020-41 CPSY2020-24 RECONF2020-60
抄録 (和) FDTD(Finite Difference Time Domain)法は、電磁界解析や音響シミュレーションなどに広く使用されている数値解析手法である。そのFDTD法は、タイムステップ毎で細かくセルで分割された音響空間内の音圧と音速を更新する計算手法であるため、演算量が高い。そのため、アクセラレータを用いた並列処理による高速化の研究が活発に行われている。そこで本研究では、Yee-FDTD法の高速化のためのストリーム計算ハードウェアをSPGenとSPDを用いてFPGA(Stratix10)上に実装した。その結果、単一のFPGAでも二つのIntel Xeon Gold 6240M を使用した時の性能を超えることが判明した。また、複数のFPGAを使用した性能評価では、FPGA16個を使用すると、1[TFLOPS]を超える演算性能が達成できる可能性があることが示された。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) FDTD法 / ストリーム計算ハードウェア / SPGen / SPD / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 339, RECONF2020-60, pp. 13-18, 2021年1月.
資料番号 RECONF2020-60 
発行日 2021-01-18 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2020-41 CPSY2020-24 RECONF2020-60

研究会情報
研究会 CPSY RECONF VLD IPSJ-ARC IPSJ-SLDM  
開催期間 2021-01-25 - 2021-01-26 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) FPGA 応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2021-01-CPSY-RECONF-VLD-ARC-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FDTD法による音響シミュレーションのためのストリーム計算ハードウェアの設計と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Design and Evaluation of Stream Processing Hardware for Sound Simulation by FDTD method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDTD法 /  
キーワード(2)(和/英) ストリーム計算ハードウェア /  
キーワード(3)(和/英) SPGen /  
キーワード(4)(和/英) SPD /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 多田 大希 / Hiroki Tada / タダ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 知洋 / Tomohiro Ueno / ウエノ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 理化学研究所 計算科学研究センター (略称: 理研)
RIKEN Center for Computational Science (略称: R-CCS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小柴 篤史 / Atsushi Koshiba / コシバ アツシ
第3著者 所属(和/英) 理化学研究所 計算科学研究センター (略称: 理研)
RIKEN Center for Computational Science (略称: R-CCS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 健太郎 / Kentaro Sano / サノ ケンタロウ
第4著者 所属(和/英) 理化学研究所 計算科学研究センター (略称: 理研)
RIKEN Center for Computational Science (略称: R-CCS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 隆太 / Ryuta Kawano / カワノ リュウタ
第5著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 井口 寧 / Yasushi Inoguchi / イノグチ ヤスシ
第6著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-25 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-VLD2020-41,IEICE-CPSY2020-24,IEICE-RECONF2020-60 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.337(VLD), no.338(CPSY), no.339(RECONF) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2021-01-18,IEICE-CPSY-2021-01-18,IEICE-RECONF-2021-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会