お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-25 09:00
キャビネット内通信を考慮した低直径・配置最適な相互結合網の検討
河野隆太北陸先端大)・松谷宏紀慶大)・鯉渕道紘NII)・天野英晴慶大VLD2020-39 CPSY2020-22 RECONF2020-58
抄録 (和) 大規模スーパコンピュータ向けのスイッチ間ネットワークとして、ragonfly やSlim Fly といった高次数ネットワークトポロジが広く用いられている。これらのネットワークトポロジは実システムにおいてキャビネット間のグローバル配線を多数用いることにより、理論限界に迫る全体性能を達成している。その一方で、Dragonfly+ のようにキャビネット内のローカル配線を増やすことにより、ネットワークの全体性能を犠牲としつつ配線コストを削減する手法も存在する。本研究では、こうしたキャビネット内の接続密度とEnd-to-End の通信性能とのトレードオフを探求する。具体的には、(1) 通信性能の理論限界であるMoore Bound を拡張し、キャビネット内のスイッチ間次数に対する直径・平均距離の下界を求めるためのLayout-Oriented Moore Bound を導入する。さらに、(2) キャビネット内のスイッチ間次数の下限に対し直径・平均距離を最適化可能なネットワークトポロジの構成手法SymSA LDeg を提案する。評価の結果、提案トポロジであるSymSA LDeg がLayout-Oriented Moore Bound により導かれる平均距離の下界に対する悪化率を最小で0.1042 % に抑えることに成功した。また、同じシステムサイズで構成したDragonfly を上回る通信性能を達成した。 
(英)
キーワード (和) 相互結合網 / ネットワーク・トポロジ / 高性能計算 / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 338, CPSY2020-22, pp. 1-6, 2021年1月.
資料番号 CPSY2020-22 
発行日 2021-01-18 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2020-39 CPSY2020-22 RECONF2020-58

研究会情報
研究会 CPSY RECONF VLD IPSJ-ARC IPSJ-SLDM  
開催期間 2021-01-25 - 2021-01-26 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) FPGA 応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2021-01-CPSY-RECONF-VLD-ARC-SLDM 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) キャビネット内通信を考慮した低直径・配置最適な相互結合網の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 相互結合網 /  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク・トポロジ /  
キーワード(3)(和/英) 高性能計算 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 隆太 / / カワノ リュウタ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
(略称: )
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松谷 宏紀 / / マツタニ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鯉渕 道紘 / / コイブチ ミチヒロ
第3著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 英晴 / / アマノ ヒデハル
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-25 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-VLD2020-39,IEICE-CPSY2020-22,IEICE-RECONF2020-58 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.337(VLD), no.338(CPSY), no.339(RECONF) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2021-01-18,IEICE-CPSY-2021-01-18,IEICE-RECONF-2021-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会