お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-23 15:00
視覚障害者向け電子ゲームにおける音響を用いたカーソル提示の基礎検討
鄧 兆宏米村俊一芝浦工大HCS2020-55
抄録 (和) 近年,視覚障害者向けのアクションゲームが提案されている.これらのアクションゲームでは,自分のカーソル位置や敵の位置,また,点数源となるオブジェクトの位置などを,音響情報を用いて提示する必要がある.先行研究では,自分のカーソル移動を知らせる音響情報の提示方法として3種類の正弦波を合成するDTMF(Dual-Tone Multi-Frequency)方式を用いていた.この方式では,敵の位置や点数源となる目標オブジェクトとカーソルとの識別が容易であるという特徴があったが,その一方,DTMF音を長時間聞き続けることで違和感(刺激が強いため疲れる)を生じるという問題があった.
本稿では,ソナーをメタファとする音響情報を用い,カーソル位置の知覚を強化するために音波の両耳間強度差,および,両耳間時間差を導入する音響カーソル提示方式を検討した.さらに,両耳間強度差の導入においては,ウェーバー・フェヒナーの法則に基づく音量コントロールを行った. 
(英) In the action games for visually impaired, it is necessary for players to recognize game objects by sound. In the previous works, we proposed a DTMF prompt method based on maze branches by 3 kinds of sine waves. It has characteristics that easily recognize the position about game objects by only sound. But it has problems with listening to DTMF sound for a long time would cause players get tired from too much stimulation. In this paper, we propose a new prompt method by introducing a metaphor of sonar. Using the loudness, pitch and range difference between two ears to intensify the recognition of player cursor.
キーワード (和) 視覚障害 / バリアフリーゲーム / 音響インタフェース / 報知音 / 音響特性 / アクションゲーム / /  
(英) Visual impairment / Barrier-free Game / Sound Interface / Auditory Signal / Acoustic Characteristic / Action Game / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 336, HCS2020-55, pp. 17-22, 2021年1月.
資料番号 HCS2020-55 
発行日 2021-01-16 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2020-55

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2021-01-23 - 2021-01-24 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 身体運動とインタラクション,および一般 
テーマ(英) Physical Movement and Interaction, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2021-01-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚障害者向け電子ゲームにおける音響を用いたカーソル提示の基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Basic study of sound design for acoustic cursor on a video game for visually impaired 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障害 / Visual impairment  
キーワード(2)(和/英) バリアフリーゲーム / Barrier-free Game  
キーワード(3)(和/英) 音響インタフェース / Sound Interface  
キーワード(4)(和/英) 報知音 / Auditory Signal  
キーワード(5)(和/英) 音響特性 / Acoustic Characteristic  
キーワード(6)(和/英) アクションゲーム / Action Game  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鄧 兆宏 / Zhaohong Deng / トウ チョウコウ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 米村 俊一 / Shunichi Yonemura / ヨネムラ シュンイチ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-23 15:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2020-55 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.336 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2021-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会