お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-22 09:55
振動シミュレーションを用いた電柱倒壊方向推定
山下 優木村秀明中部大EST2020-67
抄録 (和) 近年,台風や豪雨等の自然災害により電柱や鉄塔などの通信・配電設備に大きな被害が続発しており,災害で倒壊した電柱が道路を塞ぎ救助活動の障害となることが問題視されている.救助活動の際,事前に電柱の倒壊方向が把握可能であれば迅速な道路通行可否の判断が可能となる.本研究は低コストで構築でき災害発生時も動作可能な電柱倒壊方向推定システムの構築を目指している.本論文では,システム構築に向けた第1段階としてFDTD法を用いた電柱の振動シミュレーションプログラムを作成したので報告する. 
(英) In recent years, natural disasters such as typhoons and torrential rains have caused severe damage to communication and power distribution facilities such as utility poles and towers, and the problem of collapsed poles blocking roads and hindering rescue operations has been recognized. In this study, we propose a low-cost method to identify the direction of collapsed poles. In this study, we aim to develop a low-cost system for estimating the direction of collapse of utility poles that can be operated even when a disaster occurs. In this paper, as the first step toward the construction of the system, we report on the development of a simulation program for the vibration of utility poles using the FDTD method.
キーワード (和) 電柱 / IoTセンサ / FDTD法 / / / / /  
(英) Telephone Pole / IoT Sensor / FDTD Method / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 328, EST2020-67, pp. 77-80, 2021年1月.
資料番号 EST2020-67 
発行日 2021-01-14 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EST2020-67

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2021-01-21 - 2021-01-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2021-01-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 振動シミュレーションを用いた電柱倒壊方向推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prediction of pole collapse direction using vibration simulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電柱 / Telephone Pole  
キーワード(2)(和/英) IoTセンサ / IoT Sensor  
キーワード(3)(和/英) FDTD法 / FDTD Method  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 優 / Masaru Yamashita / ヤマシタ マサル
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 秀明 / Hideaki Kimura / キムラ ヒデアキ
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-22 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EST2020-67 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.328 
ページ範囲 pp.77-80 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EST-2021-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会