お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-22 13:20
パイロット汚染環境におけるソフトウェア無線機を用いた帯域内全二重通信の自己干渉キャンセラに関する一検討
冨田健介衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大IT2020-93 SIP2020-71 RCS2020-184
抄録 (和) 帯域内全二重通信 (IBFD: In-Band Full Duplex) は,同一時刻で同一周波数帯の通信路を用いた信号の送受信を可能とし,次世代の無線通信技術として注目されている技術である.しかし,IBFDの実現には自己干渉 (SI: Self-Interference) 除去が必要不可欠である.このSIを除去するには,各受信機で既知である送信信号にパイロット信号を用いて推定したCSI (Channel State Information) を反映させてSIレプリカを作成し,受信信号から減算する手法が有効である.しかし,正確なCSI推定が要求されるため,パイロット汚染が生じた際にはSIを除去しきれず通信精度が低下してしまう.そこで本検討では,CSI推定を必要とせずSI除去が可能な差動符号化原理に基づくアクティブ自己干渉キャンセラ (DASIC: Differential Active Self-Interference Canceller) を提案し,ソフトウェア無線機のUSRP (Universal Software Radio Peripheral) を用いた伝送実験によりその有効性を確認する. 
(英) IBFD (In-Band Full-Duplex), which is a new communication technology attracting attention for future wireless communication systems, can transmit and receive signals simultaneously in the same frequency band. For realizing IBFD, SI (Self-Interference) cancelation is essential. SI is eliminated by subtracting a replica of SI from the received signal. For generating the replica, the CSI (Channel State Information) of SI has to be estimated accurately by a pilot sequence. The estimated CSI helps in generating SI replica with the aid of own transmitted signals which are known in each receiver. However, SI cannot be removed, and detection capability deteriorates without accurate CSI. Especially in pilot contamination environments, it is hard to obtain reliable CSI due to nonorthogonality of the pilot signals. Therefore, in this pa-per, we proposed a DASIC (Differential Active SI Canceller) incorporating the principle of differential codec without CSI estimation. The validity of the DASIC is demonstrated by experimental results using software defined radio USRP (Universal Software Radio Peripheral).
キーワード (和) 全二重通信 / パイロット汚染 / 自己干渉キャンセラ / 差動符号化 / ソフトウェア無線機 / / /  
(英) Full-duplex / Pilot contamination / Self-interference canceller / Differential encoding / Software defined radio / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 322, RCS2020-184, pp. 164-169, 2021年1月.
資料番号 RCS2020-184 
発行日 2021-01-14 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2020-93 SIP2020-71 RCS2020-184

研究会情報
研究会 SIP IT RCS  
開催期間 2021-01-21 - 2021-01-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2021-01-SIP-IT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パイロット汚染環境におけるソフトウェア無線機を用いた帯域内全二重通信の自己干渉キャンセラに関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Self-Interference Canceller Based In-Band Full-Duplex using Software Defined Radio in Pilot Contamination Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 全二重通信 / Full-duplex  
キーワード(2)(和/英) パイロット汚染 / Pilot contamination  
キーワード(3)(和/英) 自己干渉キャンセラ / Self-interference canceller  
キーワード(4)(和/英) 差動符号化 / Differential encoding  
キーワード(5)(和/英) ソフトウェア無線機 / Software defined radio  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨田 健介 / Kensuke Tomita / トミタ ケンスケ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 衣斐 信介 / Shinsuke Ibi / イビ シンスケ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 拓海 / Takumi Takahashi / タカハシ タクミ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 誠人 / Hisato Iwai / イワイ ヒサト
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-22 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2020-93,IEICE-SIP2020-71,IEICE-RCS2020-184 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.320(IT), no.321(SIP), no.322(RCS) 
ページ範囲 pp.164-169 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2021-01-14,IEICE-SIP-2021-01-14,IEICE-RCS-2021-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会