お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-21 14:10
[ポスター講演]RESTfulアクセスを用いた水位計測システムにおける電源供給および省電力化に関する一検討
大園倖暉森 慎太郎大橋正良福岡大SeMI2020-57
抄録 (和) スマートシティ実現に向け,相互運用性や拡張容易性の課題解決のために,我々は超音波センサ および AWS を用いた RESTful な水位計測システムを提案し,フィージビリティ検証を行った.その際,Raspberry Pi への電力供給はスマートフォン用のモバイルバッテリーを用いて行った.本研究では,河川での実環境評価に向 け,太陽電池とソーラーチャージャーを用いた Raspberry pi へ電力供給を行い,Raspberry pi 用電源制御モジュール を使用することでどのくらいの期間システムが稼働するのか調査を行う.Raspberry Pi への電力供給は,GPIO 経由 で電源制御モジュールが行う.Raspberry Pi は 1 時間に 1 回距離計測を行い,計測後はシャットダウンする.電源制 御モジュールは,Raspberry Pi がシャットダウンしたのち,電力供給を遮断する.そして,再び距離計測をする2分 前に Raspberry Pi への電力供給を再開する.これにより,計測システムの省電力化を行う. 
(英) Toward the interoperability and scalability in smart city applications, we propose a water level measurement system using an ultrasonic sensor based on RESTful accesses and AWS-based cloud services, and we have verified the feasibility of the proposed system. Note that the power supply of the Raspberry Pi was used by the portable battery. In this paper, we investigate operating time of the proposed system using a solar panel, a sealed lead acid battery, and a power supply control module due to evaluate in the practical environment. The power supply of the Raspberry Pi is used by the power supply control module via GPIO. The raspberry pi measures distance once an hour and shuts down after measurement. In addition, the power supply control module cut electricity to the Raspberry Pi. The module resumes power supply to the Raspberry Pi two minutes before the next distance measurement. Therefore, we aim to save power in the proposed system.
キーワード (和) Smart city / IoT / Raspberry Pi / 電力制御 / / / /  
(英) Smart city / IoT / Raspberry Pi / Power supply control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 315, SeMI2020-57, pp. 84-85, 2021年1月.
資料番号 SeMI2020-57 
発行日 2021-01-13 (SeMI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SeMI2020-57

研究会情報
研究会 SeMI  
開催期間 2021-01-20 - 2021-01-21 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) センシング,モビリティ,モバイル・ユビキタスコンピューティング,センサ・アドホック・モバイルネットワーク,アプリケーション,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SeMI 
会議コード 2021-01-SeMI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RESTfulアクセスを用いた水位計測システムにおける電源供給および省電力化に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Power Supply and Power Saving in Water Level Measurement System using RESTful Accesses 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Smart city / Smart city  
キーワード(2)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(3)(和/英) Raspberry Pi / Raspberry Pi  
キーワード(4)(和/英) 電力制御 / Power supply control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大園 倖暉 / Koki Ozono / オオゾノ コウキ
第1著者 所属(和/英) 福岡大学大学院 (略称: 福岡大)
Fukuoka University Graduate School (略称: Fukuoka Grad.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 慎太郎 / Shintaro Mori / モリ シンタロウ
第2著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Grad.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 正良 / Masayoshi Ohashi / オオハシ マサヨシ
第3著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-21 14:10:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SeMI 
資料番号 IEICE-SeMI2020-57 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.315 
ページ範囲 pp.84-85 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SeMI-2021-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会