お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-21 14:40
VRコンテンツにおける明度変調を用いた意識下に残りにくい視線誘導手法の提案
横見栄聡磯山直也酒田信親清川 清奈良先端大MVE2020-31
抄録 (和) VRコンテンツにおいて,制作者が注目して欲しいものをユーザが見るとは限らない.制作者が意図したVR体験をユーザに提供するためには,ユーザの視線を見せたい方向へ自然に誘導する必要がある.本論文では,明度の緩やかな動的変調と,誘導先への視線の接近による変調消失という2つの要素を組み合わせた手法を提案する.実験により提案手法は,ユーザ体験を妨げず視線誘導ができる上に,汎用性の高い手法である可能性が示された. 
(英) On VR, users do not always see the specific events and gimmicks content that the creators want them to focus on. For the creators to provide users with the immersive experience they intend, it is necessary to naturally guide the user's gaze in the direction they wish to show in the virtual space.
In this paper, we propose a subtle gaze guidance method combining two techniques; gradual brightness modulation and termination of modulation by gaze approaching the guidance area. The experimental results show that the gradual modulation, compared to the sudden modulation, significantly contributes to a more natural and less disturbing viewing experience while maintaining relatively high guidance performance.
キーワード (和) VR / HMD / 視線誘導 / 画像変調 / 360°映像 / 視覚的顕著性 / /  
(英) VR / HMD / gaze guidance / image modulation / 360°video / visual saliency / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 319, MVE2020-31, pp. 7-12, 2021年1月.
資料番号 MVE2020-31 
発行日 2021-01-14 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2020-31

研究会情報
研究会 MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2021-01-21 - 2021-01-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) Sustainability のための CV・ VR 技術(VR学会SIG‐MR連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2021-01-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VRコンテンツにおける明度変調を用いた意識下に残りにくい視線誘導手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Gradual Brightness Modulation for VR Content Toward Unconscious Gaze Guidance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VR / VR  
キーワード(2)(和/英) HMD / HMD  
キーワード(3)(和/英) 視線誘導 / gaze guidance  
キーワード(4)(和/英) 画像変調 / image modulation  
キーワード(5)(和/英) 360°映像 / 360°video  
キーワード(6)(和/英) 視覚的顕著性 / visual saliency  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横見 栄聡 / Masatoshi Yokomi / ヨコミ マサトシ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯山 直也 / Naoya Isoyama / イソヤマ ナオヤ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒田 信親 / Nobuchika Sakata / サカタ ノブチカ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 清川 清 / Kiyoshi Kiyokawa / キヨカワ キヨシ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-21 14:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2020-31 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.319 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2021-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会