お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-21 16:50
保守性・機能性に優れたウェアラブルバイタルセンサ構成技術 ~ ARMチップを使った低消費電力化及びリアルタイムFIRフィルタの実装 ~
松久佳祐木村秀明中部大EST2020-65
抄録 (和) 近年,社会基盤の経年劣化や防災、さらに健康管理などIoTセンサ情報とAIを連携した高度安全安心社会システムの構築が望まれている.本研究は,将来のIoTセンサの急激な需要増加に向けた課題の1つである「メンテナンスフリーかつ半永久的動作を可能とするIoTセンサ構成技術」の確立を目指すものである.具体的には,IoTセンサとしてECG信号を対象としたウェアラブルバイタルセンサを試作,線形性,周波数特性を評価,必要条件を満たす心電図信号の取得を可能とするとともに,センサ動作消費電力2.97mWを達成した.さらに,Deep Sleepモード及びバースト伝送による「間欠動作型低消費電力化技術」を提案,チップ上でFIRフィルタを用いたLPFを設計,リアルタイムでのノイズ除去を実現した. 
(英) In recent years, there has been a growing demand for the construction of advanced safety and security social systems that link AI with IoT sensor information, such as aging degradation of social infrastructure, disaster prevention, and health management. This study aims at the establishment of "IoT sensor configuration technology enabling maintenance-free and semi-permanent operation" which is one of the problems for the rapid increase in demand of future IoT sensor. Specifically, we fabricated a wearable vital sensor for ECG signals as an IoT sensor, evaluated its linearity and frequency characteristics, enabled acquisition of ECG signals that met the required conditions, and achieved a sensor operating power consumption of 2.97 mW. In addition, "Intermittent operation type low power consumption technology" by Deep Sleep mode and Burst transmission was proposed, and LPF using the FIR filter was designed on the chip, and noise removal in real-time was realized.
キーワード (和) IoTセンサ / ウェアラブル / Deep Sleep / バースト伝送 / FIRフィルタ / / /  
(英) IoT Sensor / Wearable / Deep Sleep / Burst transmission / FIR filter / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 328, EST2020-65, pp. 68-71, 2021年1月.
資料番号 EST2020-65 
発行日 2021-01-14 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EST2020-65

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2021-01-21 - 2021-01-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2021-01-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 保守性・機能性に優れたウェアラブルバイタルセンサ構成技術 
サブタイトル(和) ARMチップを使った低消費電力化及びリアルタイムFIRフィルタの実装 
タイトル(英) ​Wearable vital sensor configuration technology with excellent maintainability and functionality 
サブタイトル(英) Implementation of low power consumption and real-time FIR filter using ARM chip 
キーワード(1)(和/英) IoTセンサ / IoT Sensor  
キーワード(2)(和/英) ウェアラブル / Wearable  
キーワード(3)(和/英) Deep Sleep / Deep Sleep  
キーワード(4)(和/英) バースト伝送 / Burst transmission  
キーワード(5)(和/英) FIRフィルタ / FIR filter  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松久 佳祐 / Keisuke Matsuhisa / マツヒサ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 秀明 / Hideaki Kimura / キムラ ヒデアキ
第2著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-21 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EST2020-65 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.328 
ページ範囲 pp.68-71 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EST-2021-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会