お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-21 15:35
ミリ波導波管スロットアレーアンテナ用誘電体カバーのトポロジー最適化を用いた形状設計
滝田和真戸賀瀬 駿田中将樹伊藤桂一秋田高専EST2020-62
抄録 (和) 近年,ミリ波は高精度のセンサとして水位計や自動車の自動ブレーキ,イメージングなど様々な分野で用いられており,高利得,高効率なアンテナの必要性は高まっている.本研究では76GHz帯導波管スロットアレーアンテナを対象に,アンテナ開口面に必要となる保護カバーの形状設計にトポロジー最適化を導入した.開口面に板状の誘電体カバーを装荷したときは利得の減少が考えられるため,スロット周辺の誘電体カバーの形状を,トポロジー最適化を用いて設計する. 
(英) Recent years, millimeter wave applications have been used widely as high-precision sensors for water level gauges, automobile detecting obstacles, imaging sensors, and so on. Our goal is the development of the shape design method of the dielectric cover for the antenna, which is required to protect the opening surface of the sensor. Since the gain of the antenna is assumed to reduce when the flat cover is loaded, we propose a novel shape of the dielectric cover including the convex structure using the topology optimization. In this study, we design the dielectric cover for 76 GHz band waveguide slot array antenna which has 8 slots.
キーワード (和) トポロジー最適化 / 誘電体カバー / ミリ波 / FDTD法 / / / /  
(英) topology optimization / dielectric cover / millimeter wave / finite difference time domain method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 328, EST2020-62, pp. 51-55, 2021年1月.
資料番号 EST2020-62 
発行日 2021-01-14 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EST2020-62

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2021-01-21 - 2021-01-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2021-01-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波導波管スロットアレーアンテナ用誘電体カバーのトポロジー最適化を用いた形状設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Shape Design of Dielectric Cover for Millimeter-Wave Waveguide Slot Array Antenna Using Topology Optimization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トポロジー最適化 / topology optimization  
キーワード(2)(和/英) 誘電体カバー / dielectric cover  
キーワード(3)(和/英) ミリ波 / millimeter wave  
キーワード(4)(和/英) FDTD法 / finite difference time domain method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝田 和真 / Kazuma Takita / タキタ カズマ
第1著者 所属(和/英) 秋田工業高等専門学校 (略称: 秋田高専)
National Institute of Technology, Akita College (略称: NIT, Akita)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸賀瀬 駿 / Shun Togase / トガセ シュン
第2著者 所属(和/英) 秋田工業高等専門学校 (略称: 秋田高専)
National Institute of Technology, Akita College (略称: NIT, Akita)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 将樹 / Masaki Tanaka / タナカ マサキ
第3著者 所属(和/英) 秋田工業高等専門学校 (略称: 秋田高専)
National Institute of Technology, Akita College (略称: NIT, Akita)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 桂一 / Keiichi Itoh / イトウ ケイイチ
第4著者 所属(和/英) 秋田工業高等専門学校 (略称: 秋田高専)
National Institute of Technology, Akita College (略称: NIT, Akita)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-21 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EST2020-62 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.328 
ページ範囲 pp.51-55 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EST-2021-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会