お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-20 09:45
ブラインド型仮想Massiveアレーにおける信号選択に関する検討
髙橋草太渡部一聖西森健太郎谷口諒太郎新潟大)・村上友規NTTCQ2020-60
抄録 (和) 第 5 世代移動通信 (5G) 及びそれ以降のシステム (B5G/6G) では, 基地局に多数のアンテナを用いる Massive MIMO が注目されている. しかし, Massive MIMO ではアンテナ数の増加に伴いハードウェア規模が大きくなる. また著者らは, 1 シンボル内で高速に複数のアンテナパターンを形成し, ブラインドアルゴリズムによって, 1 個の受信機で仮想 Massive MIMO (VM-MIMO) を実現する伝搬環境制御法を提案した. 本稿では, マルチユーザ環境で, 多値変調信号を用いた場合のブラインド型 VM-MIMO の効果を示す. 
(英) In fifth-generation (5G) and later (B5G/6G) systems, massive multiple-input-multiple-output (MIMO) systems using a large number of antennas at the base station has attracted attention. However, the hardware scale of massive MIMO increases as the number of antennas increases. A propagation environment control method to realize virtual massive MIMO (VM-MIMO) with a single receiver using a blind algorithm and forming multiple antenna patterns at high speed within one symbol has also been proposed. In this paper, we show the effect of blind based VM-MIMO in a multiuser environment with multi-level modulated signals.
キーワード (和) 仮想 Massive アレー / 伝搬環境制御 / Robust ICA / マルチユーザ環境 / / / /  
(英) Virtual massive array / Propagation environmental control / Robust ICA / Multiuser environment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 314, CQ2020-60, pp. 1-4, 2021年1月.
資料番号 CQ2020-60 
発行日 2021-01-13 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2020-60

研究会情報
研究会 CQ CBE  
開催期間 2021-01-20 - 2021-01-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) AR/VR,放送サービス,映像/音声サービスの品質,高臨場感,ユーザ行動/心理,ユーザ体験,メディア品質,ネットワークの品質・QoS制御,災害時のネットワークとコミュニケーション,機械学習,ビデオコミュニケーション,一般 
テーマ(英) AR/VR, Broadcasting Service, Video/Voice Services Quality, High Realistic, User Behavior/Psychology, User Experience, Media Quality, Network Quality and QoS Control, Networks and Communications at Disaster, User Behavior, Machine Learning, Video Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2021-01-CQ-CBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブラインド型仮想Massiveアレーにおける信号選択に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on signal selection in blind based virtual massive array 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仮想 Massive アレー / Virtual massive array  
キーワード(2)(和/英) 伝搬環境制御 / Propagation environmental control  
キーワード(3)(和/英) Robust ICA / Robust ICA  
キーワード(4)(和/英) マルチユーザ環境 / Multiuser environment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙橋 草太 / Sota Takahashi / タカハシ ソウタ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 一聖 / Issei Watanabe / ワタナベ イッセイ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 諒太郎 / Ryotaro Taniguchi / タニグチ リョウタロウ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 友規 / Tomoki Murakami / ムラカミ トモキ
第5著者 所属(和/英) NTT アクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-20 09:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2020-60 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.314 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CQ-2021-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会