お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-18 11:15
Wireless Poweredリレー伝送における中継局数の影響について
中村健志佐々木重信新潟大SRW2020-44
抄録 (和) 本報告では,無線センサネットワークの中継局にRFエネルギーハーベスティング(RF-EH)機能を導入したWireless Poweredリレー伝送システムについて検討する.RF-EHは周囲の電波からエネルギーを獲得する手法である.データの中継方式にはDetcted and Forward(DetF)方式を用いる.中継局はデータ伝送を行う前にEHを行うことを想定し,バッテリー残量により中継局を切り替える. 本報告では伝搬損失とライスフェージング環境を考慮した場合のEH時間ならびに中継局数に対するOutage確率をシミュレーションにより評価し,中継局数の増加による性能の改善効果を示した. 
(英) This paper investigates wireless powered relay transmission system with radio frequency energy harvesting (RF-EH) in wireless sensor network(WSN). It is assumed that multiple relay stations having RF-EH function exist in relay transmission system. Base station which means destination collects information of residual energy level at each relay station, and selects one relay station for data transmission. In the meantime, the rest of relay station acquires energy from the surrounding radio waves. Detect-and-forward (DetF) method is assumed for relay data transmission. Outage probability is evaluated through computer simulation in the case of one-hop relay transmission under free-space path loss and Rician fading environment. Numerical results show that utilizing RF-EH and multiple relay stations bring significant improvement of outage probability with less EH time.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / エネルギーハーベスティング / リレー伝送 / Outage確率 / / / /  
(英) Wireless Sensor Network / Energy harvesting / Relay transmission / Outage probability / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 312, SRW2020-44, pp. 13-17, 2021年1月.
資料番号 SRW2020-44 
発行日 2021-01-11 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2020-44

研究会情報
研究会 SRW  
開催期間 2021-01-18 - 2021-01-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) WLAN,WPAN,センサネットワーク関連技術,ミリ波通信,一般 
テーマ(英) WLAN, WPAN, Ad-hoc, mmWave, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2021-01-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Wireless Poweredリレー伝送における中継局数の影響について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on wireless powered relay transmission system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Network  
キーワード(2)(和/英) エネルギーハーベスティング / Energy harvesting  
キーワード(3)(和/英) リレー伝送 / Relay transmission  
キーワード(4)(和/英) Outage確率 / Outage probability  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 健志 / Takeshi Nakamura / ナカムラ タケシ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 重信 / Shigenobu Sasaki / ササキ シゲノブ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-18 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2020-44 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.312 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SRW-2021-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会