お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-15 14:25
12.8 Tbit/s(1.28 Tbit/s/ch x 10)-1500 km OTDM-WDM偏波多重DQPSK光ナイキストパルス伝送
渡邊 碧廣岡俊彦吉田真人中沢正隆東北大OCS2020-37
抄録 (和) インターネットトラフィックの急激な増大に伴い、次世代のバックボーンネットワークにおいては、単一チャネルで1 Tbit/sを超える超高速伝送の実現が期待されている。我々は、これまでに究極的な超高速伝送技術として光ナイキストパルス伝送を提案し、単一チャネルで10~15 Tbit/sの超高速伝送を実現してきた。光ナイキストパルスはRZパルスに比べ帯域を狭窄化でき、波長分散や偏波モード分散に対する耐性も高い。これらの特徴から、本パルスは単一チャネルで10 Tbit/sを超える超高速伝送に限らず1チャネルあたり1 Tbit/s級のWDM長距離伝送においても大変有用である。今回、光ナイキストパルスにより1.28 Tbit/s/ch x 10 ch OTDM-WDM信号を1500 km伝送し、全OTDM, WDMチャネルでFEC閾値(2x10^{-2})を下回る誤り率を達成したので報告する。 
(英) Motivated by the rapid increase in global data traffic, ultrahigh-speed transmission with a single-channel bit rate exceeding 1 Tbit/s has become an important research target. We have proposed ultrafast OTDM transmission using optical Nyquist pulse and recently realized single-channel transmission at 10~15 Tbit/s. By virtue of a narrow spectral width, Nyquist pulses have larger tolerance to chromatic dispersion and polarization-mode dispersion compared with RZ pulses.These features are excepted to be advantageous not only for achieving an extremely high bit rate such as 10 Tbit/s/ch but also for realizing a WDM transmission with a 1 Tbit/s channel capacity over a long distance. In this talk, we report a 1.28 Tbit/s/ch x 10 ch OTDM-WDM transmission over 1500 km. BERs below the 20% overhead FEC threshold (2x10^{-2}) were successfully obtained for all OTDM and WDM channels.
キーワード (和) OTDM / 光ナイキストパルス / Tbit/s伝送 / / / / /  
(英) OTDM / Nyquist pulse / Tbit/s transmission / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 309, OCS2020-37, pp. 50-54, 2021年1月.
資料番号 OCS2020-37 
発行日 2021-01-07 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2020-37

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2021-01-14 - 2021-01-15 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英) Core and metro system, Submarine telecommunications system, Optical access system and next generation PON, Ethernet, Optical Transport Network (OTN), Transmission monitoring and control, Design and tool for optical transmission system, Co-operation between optical and mobile, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2021-01-OCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 12.8 Tbit/s(1.28 Tbit/s/ch x 10)-1500 km OTDM-WDM偏波多重DQPSK光ナイキストパルス伝送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 12.8 Tbit/s (1.28 Tbit/s/ch x 10) OTDM-WDM Transmission of PDM-DQPSK Optical Nyquist Pulses over 1500 km 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OTDM / OTDM  
キーワード(2)(和/英) 光ナイキストパルス / Nyquist pulse  
キーワード(3)(和/英) Tbit/s伝送 / Tbit/s transmission  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 碧 / Aoi Watanabe / ワタナベ アオイ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣岡 俊彦 / Toshihiko Hirooka / ヒロオカ トシヒコ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 真人 / Masato Yoshida / ヨシダ マサト
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中沢 正隆 / Masataka Nakazawa / ナカザワ マサタカ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-15 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2020-37 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.309 
ページ範囲 pp.50-54 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OCS-2021-01-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会