お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-15 16:15
非線形量子化器を適用した下りリンク電力多重非直交多元接続型PONに関する実験的検討
鈴置皓介久野大介紫尾田 将阪大)・丸田一輝東工大)・丸田章博阪大CS2020-77
抄録 (和) 収容可能ONU数の拡大のために電力多重非直交多元接続(PD-NOMA)方式のPONへの適用が検討されている.しかし,多重するONU間の送信電力比が大きくなると,受信器のアナログ・デジタル変換器における量子化雑音の影響が強く現れる.本稿では,非線形量子化の一種であるLloyd-Maxアルゴリズムによる最適量子化器のPD-NOMA-PONへの適用を提案する.下りリンクを想定した原理確認実験を行い,全ての電力比で,誤り訂正限界に対する所要OSNRが改善する事を確認した. 
(英) The application of power-domain non-orthogonal multiple access (PD-NOMA) to PON has been studied to increase the number of accommodatable ONUs. However, as the ratio of transmit power between multiplexed ONUs increases, the effect of quantization noise in the analog-to-digital converter of the receiver is more significant. This paper proposes employing an optimal quantizer based on the Lloyd-Max algorithm, which is a nonlinear quantization algorithm, on PD-NOMA-PON. We conduct experiments to verify the feasibility of the proposed quantizer for the downlink and confirm the improvement of the OSNR penalty for all power ratios.
キーワード (和) 電力多重型非直交多元接続 / 受動光ネットワーク / / / / / /  
(英) Non-Orthogonal Multiple Access (NOMA) / Passive Optical Network (PON) / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 308, CS2020-77, pp. 8-13, 2021年1月.
資料番号 CS2020-77 
発行日 2021-01-07 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2020-77

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2021-01-14 - 2021-01-15 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英) Core and metro system, Submarine telecommunications system, Optical access system and next generation PON, Ethernet, Optical Transport Network (OTN), Transmission monitoring and control, Design and tool for optical transmission system, Co-operation between optical and mobile, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2021-01-OCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形量子化器を適用した下りリンク電力多重非直交多元接続型PONに関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Demonstration of Nonlinear Quantizer for Power Domain Non-Orthogonal Multiple Access PON 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電力多重型非直交多元接続 / Non-Orthogonal Multiple Access (NOMA)  
キーワード(2)(和/英) 受動光ネットワーク / Passive Optical Network (PON)  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴置 皓介 / Kosuke Suzuoki / スズオキ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: OU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 大介 / Daisuke Hisano / ヒサノ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: OU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 紫尾田 将 / Sho Shibita / シビタ ショウ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: OU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 章博 / Akihiro Maruta / マルタ アキヒロ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: OU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-15 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2020-77 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.308 
ページ範囲 pp.8-13 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2021-01-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会