お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-14 15:35
非線形光学効果を利用して発生させたルートナイキストパルスとその評価
大澤治朗横井友哉三好悠司久保田寛和阪府大OFT2020-49
抄録 (和) 光ファイバ通信の大容量化を実現する手法の一つとして,ナイキスト光時分割多重(N-OTDM)が期待されている.この伝送方式には,隣り合うパルスとの干渉が小さい,高い周波数利用効率といった長所があり,高速な信号伝送を行うために光源としてルートナイキストパルスを用いる方法がある.しかし,短いタイムスロットに対応したパルス発生には,光変調器と任意波形発生器で発生させる場合には電子回路の応答速度の限界,短パルス光源を使用する場合には光学系が複雑となる課題がある.本研究では,我々がこれまでに提案している光ファイバの非線形光学効果を用いた手法によるルートナイキストパルスの発生に関して検討したので報告する. 
(英) Nyquist optical time division multiplexing (N-OTDM) is expected as one of the methods to realize large capacity of optical fiber communication. This transmission method has advantages such as low interference with adjacent pulses and high frequency utilization efficiency, and there is a method of using a root-Nyquist pulse as a light source for high-speed signal transmission. However, for pulse generation corresponding to a short time slot, the response speed of the electronic circuit is limited when it is generated by an optical modulator and an arbitrary waveform generator, and the optical system becomes complicated when a short pulse light source is used. There are challenges. In this study, we report on the generation of root-Nyquist pulses by our proposed method using the nonlinear optical effect of the optical fiber.
キーワード (和) ルートナイキストパルス / ナイキストパルス / 非線形光学効果 / 高非線形ファイバ / 光パルス圧縮 / 光パルス波形整形 / 光信号処理 /  
(英) root-Nyquist pulses / Nyquist pulses / Nonlinear optical effect / highly nonlinear fiber / Optical pulse compression / Optical pulse shaping / Optical signal processing /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 310, OFT2020-49, pp. 23-27, 2021年1月.
資料番号 OFT2020-49 
発行日 2021-01-07 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2020-49

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2021-01-14 - 2021-01-15 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2021-01-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形光学効果を利用して発生させたルートナイキストパルスとその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Numerical evaluation of Root-Nyquist Pulse Generation Using Highly Nonlinear Fiber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ルートナイキストパルス / root-Nyquist pulses  
キーワード(2)(和/英) ナイキストパルス / Nyquist pulses  
キーワード(3)(和/英) 非線形光学効果 / Nonlinear optical effect  
キーワード(4)(和/英) 高非線形ファイバ / highly nonlinear fiber  
キーワード(5)(和/英) 光パルス圧縮 / Optical pulse compression  
キーワード(6)(和/英) 光パルス波形整形 / Optical pulse shaping  
キーワード(7)(和/英) 光信号処理 / Optical signal processing  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 治朗 / Jiro Osawa / オオサワ ジロウ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横井 友哉 / Tomoya Yokoi / ヨコイ トモヤ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 悠司 / Yuji Miyoshi / ミヨシ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 寛和 / Hirokazu Kubota / クボタ ヒロカズ
第4著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-14 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2020-49 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.310 
ページ範囲 pp.23-27 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OFT-2021-01-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会