電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-12-25 13:20
時間分解電界誘起光第二次高調波発生法を用いた銅フタロシアニン/MoO3界面における励起子およびキャリアダイナミクスの評価
下澤敬仁田口 大間中孝彰東工大OME2020-9
抄録 (和) 有機半導体を利用した光電変換は光検出器や太陽電池などに利用されている。光電変換におけるキャリア挙動の素過程は、励起子発生、拡散、キャリア分離、キャリア輸送であり、それぞれの過程を評価することが重要になる。しかし、これらの素過程はps~nsの時間領域であり、従来の電気的測定では捉えることが困難である。そこで我々は、光第二次高調波発生(optical second-harmonic generation: SHG)法の特徴に着目して、psオーダーの時間領域の電界の時間分解測定を、ポンプ・プローブ分光法を用いて実現した。本研究では銅フタロシアニン(Ⅱ)(CuPc)と三酸化モリブデン(MoO3)の材料界面におけるSHG時間分解測定および表面電位測定を行い、高電界下での光電変換における励起子およびキャリア挙動について検討した。その結果、SHG変調量のポンプ光照射による急激な減少、その後9 ± 4 ps という非常に高速な時間での増加を確認した。そして、その増加は材料内部の電界由来成分の電界誘起SHG(electric-field-induced optical second-harmonic generation: EFISHG)であることを結論づけた。 
(英) Organic semiconductors are attracting much attention as a photo detector, solar cell, and other optoelectronic devices. In these devices, under photo excitation, excitons are created in an organic semiconductor, followed by exciton diffusion, carrier separation, carrier transport process, successively. It is important to evaluate these fundamental processes that are induced in a time range from ps to ns. However, conventional electrical measurement, e.g., time-of-flight (TOF), is not available to record these very fast carrier motions. The authors have been developing optical second-harmonic generation (SHG) measurement that is capable of probing electronic carrier motion in organic materials and devices. By coupling optical pump-probe measurement technique with SHG, we are able to record carrier motion in ps time resolution. In this report, time-resolved SHG measurement of photocarrier process at copper phthalocyanine (CuPc)/MoO3 interface, in conjunction with conventional surface potential measurement is described. Results showed that the SHG modulation decreased sharply due to the pump light irradiation, and then increased at a very fast of 9 ± 4 ps. From this, the authors conclude that the increase of the SHG signal is due to the electric-field in CuPc layer.
キーワード (和) 光第二次高調波発生 / 電界誘起光第二次高調波発生 / フタロシアニン / 光電変換 / / / /  
(英) optical second-harmonic generation / electric-field-induced optical second-harmonic generation / phthalocyanine / photocarrier process / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 307, OME2020-9, pp. 7-12, 2020年12月.
資料番号 OME2020-9 
発行日 2020-12-18 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2020-9

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2020-12-25 - 2020-12-26 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawaken Seinen Kaikan 
テーマ(和) バイオテクノロジー、表面界面、計測技術、エレクトロニクス、その他 
テーマ(英) bio-technology, surface and interfacial phenomena, measurement and observation, electronics, and other researches relating these 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2020-12-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時間分解電界誘起光第二次高調波発生法を用いた銅フタロシアニン/MoO3界面における励起子およびキャリアダイナミクスの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on exciton and carrier dynamics at CuPc/MoO3 interface by using time-resolved second harmonic generation technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光第二次高調波発生 / optical second-harmonic generation  
キーワード(2)(和/英) 電界誘起光第二次高調波発生 / electric-field-induced optical second-harmonic generation  
キーワード(3)(和/英) フタロシアニン / phthalocyanine  
キーワード(4)(和/英) 光電変換 / photocarrier process  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 下澤 敬仁 / Keito Shimosawa / シモサワ ケイト
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 大 / Dai Taguchi / タグチ ダイ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 間中 孝彰 / Takaaki Manaka / マナカ タカアキ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-12-25 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-OME2020-9 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.307 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OME-2020-12-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会