お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-12-18 16:40
複雑ネットワークの観点から視覚探索が効率的であることを考察する
前田義信新潟大)・小澤 誠野村泰伸阪大)・塚田 章富山高専MBE2020-23
抄録 (和) 複数の文字(代替物)の中から特定の文字(ターゲット)を視覚的に探す作業を視覚探索と呼ぶ.代替物の数が増加しても視覚探索に費やす時間(探索時間)はそれほど増加しないことが知られており,視覚探索は効率的である.本研究ではネットワーク科学の用語を使って視覚探索が効率的になることを説明する.具体的には眼球運動を注視点時系列として計測し,文字盤上で注視点時系列が描く``注視点ネットワーク''の特性を分析した.その結果,注視点ネットワークにはスモールワールド性が内在しており,それゆえに任意の注視点間距離が相対的に小さくなることが示唆された.実際の探索平面が広くて文字数が多くても,注視点によって認知された文字間隔はスモールワールド性により小さくなる.すると探索時間も短縮され,視覚探索が効率的になるだろうと推察される. 
(英) Visual search is an operation so as to find visually a target symbol in many alternatives. It is efficient in the sense that the search time does not proportionally increase even if the number of alternatives increases. In this technical report, the efficiency of visual search was analyzed from the perspective of complex networks. Eye movements were measured as a network composed of the points of gaze on the monitor screen blanketed with many symbols. As a result, a small-world phenomenon was observed in the network of the points of gaze, and, as such, it must be indicated that distances between any two points of gaze should become relatively short. Thus, the cognitive distance between symbols also must be short. Such the small-world phenomenon would be necessary to have the visual search efficient, because it shortens the search time before finding the target symbol.
キーワード (和) 固視微動 / サッケード / スモールワールド現象 / クラスタ係数 / ノード間距離 / / /  
(英) Fixational eye movement / Saccade / Small-world phenomenon / Clustering coefficient / Length between nodes / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 301, MBE2020-23, pp. 18-23, 2020年12月.
資料番号 MBE2020-23 
発行日 2020-12-11 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2020-23

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2020-12-18 - 2020-12-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ME, NC, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2020-12-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複雑ネットワークの観点から視覚探索が効率的であることを考察する 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Consideration on Efficient Visual Search from the Perspective of Complex Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 固視微動 / Fixational eye movement  
キーワード(2)(和/英) サッケード / Saccade  
キーワード(3)(和/英) スモールワールド現象 / Small-world phenomenon  
キーワード(4)(和/英) クラスタ係数 / Clustering coefficient  
キーワード(5)(和/英) ノード間距離 / Length between nodes  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 義信 / Yoshinobu Maeda / マエダ ヨシノブ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 誠 / Makoto Ozawa / オザワ マコト
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 泰伸 / Taishin Nomura / ノムラ タイシン
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚田 章 / Akira Tsukada / ツカダ アキラ
第4著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology, Toyama College (略称: NIT Toyama)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-12-18 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2020-23 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.301 
ページ範囲 pp.18-23 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2020-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会