お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-12-18 10:25
マルチバンド対応フルデュプレクス基地局実現に向けたアナログ自己干渉キャンセル回路の試作開発
松村 武児島史秀NICTRCS2020-144
抄録 (和) 第5世代移動通信システム(5G)が商用化され,超高速大容量通信によるQoE(Quality of Experience)の大幅な向上が期待されている.一方で,継続的な通信トラヒックの増加が見込まれており,28 GHz帯などの準ミリ波帯が広く利用される環境が整ったとしても,周波数逼迫状況の根本的な解決には至らない.従って,B5G(Beyond 5G)において,システム容量の拡大に資する新たな技術の導入が必要と考えられる.著者らは,周波数利用効率の向上を目的とし,帯域内全二重通信(IBFD, In-Band Full-Duplex)を適用したセルラシステムの開発に取り組んでいる.IBFDを適用する無線機は,自身の送信信号が受信回路に回り込む,いわゆる自己干渉(SI, Self-Interference)により通信性能が著しく劣化する.本稿では,IF(Intermediate Frequency)帯を設け,周波数変換により様々な周波数帯で運用可能なマルチバンド対応基地局について,IF回路にアナログSIキャンセラを実装することで28 GHz帯においてもIBFDを適用可能なRF(Radio Frequency)フロントエンドを提案する.また,RFフロントエンドを試作開発し,ローカル5Gを想定した4.7 GHz帯及び28 GHz帯におけるSIキャンセル性能を評価する. 
(英) 5G (5th Generation mobile communication system) has been commercialized, and it is expected that QoE (Quality of Experi-ence) will be significantly improved by the eMBB (enhanced Mobile Broadband) technology. Meanwhile, communication traffic is continuously increasing, and thus, even if 28 GHz band is widely used, there still has a serious problem of spectrum resource shortage. Therefore, it is necessary to introduce new technologies for expanding the system capacity in B5G (Beyond 5G). The authors have researched and developed an IBFD (In-Band Full-Duplex)-based cellular system for improving spec-trum efficiency. In general, IBFD induces an SI (Self-Interference) to the receiver and degrades the communication quality. In this study, we implement an analog SI canceller in the IF (Intermediate Frequency) circuit of the IF-based RF (Radio Frequen-cy) front-end of the multi-band base station and apply IBFD to the communication in the 28 GHz band. Also, we prototype an RF front-end and evaluate the SI cancellation performance for 4.7 GHz and 28 GHz bands assuming Local 5G.
キーワード (和) Beyond 5G / 帯域内全二重通信(IBFD) / ローカル5G / 自己干渉キャンセル回路 / マルチバンド / Sub-6 GHz / 高周波回路 / 28 GHz  
(英) Beyond 5G / IBFD (In-Band Full-Duplex) / Local 5G / Self-interference cancellation circuit / Multi-band / Sub-6 GHz / RF circuit / 28 GHz  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 298, RCS2020-144, pp. 54-59, 2020年12月.
資料番号 RCS2020-144 
発行日 2020-12-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2020-144

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2020-12-17 - 2020-12-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証,無線VoIP,IoT,エッジコンピューティング,一般 
テーマ(英) Multi-hop/Relay/Cooperation, Disaster-resistant wireless network, Sensor/Mesh network, Ad-hoc network, D2D/M2M, Wireless network coding, Handover/AP switching/Connected cell control/Load balancing among base stations/Mobile network dynamic reconfiguration, QoS/QoE assurance, Wireless VoIP, IoT, Edge computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチバンド対応フルデュプレクス基地局実現に向けたアナログ自己干渉キャンセル回路の試作開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prototype of Analog Self-interference Cancellation Circuit for Multi-band Full-duplex Base Station 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Beyond 5G / Beyond 5G  
キーワード(2)(和/英) 帯域内全二重通信(IBFD) / IBFD (In-Band Full-Duplex)  
キーワード(3)(和/英) ローカル5G / Local 5G  
キーワード(4)(和/英) 自己干渉キャンセル回路 / Self-interference cancellation circuit  
キーワード(5)(和/英) マルチバンド / Multi-band  
キーワード(6)(和/英) Sub-6 GHz / Sub-6 GHz  
キーワード(7)(和/英) 高周波回路 / RF circuit  
キーワード(8)(和/英) 28 GHz / 28 GHz  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 武 / Takeshi Matsumura / マツムラ タケシ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 児島 史秀 / Fumihide Kojima / コジマ フミヒデ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-12-18 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2020-144 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.298 
ページ範囲 pp.54-59 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2020-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会