お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-12-17 15:40
[招待講演]環境適応型フレームワーク「先進的無線・有線ハーモナイズドSDN」についての研究
大橋正良福岡大)・藤井威生電通大)・塚本和也九工大)・太田真衣福岡大)・田久 修信州大)・妙中雄三奈良先端大NS2020-94 RCS2020-141
抄録 (和) これまで著者らはSDNが備わった有線ネットワークに多様な無線アクセスネットワークが接続された環境において,SDNの役割を無線資源にも拡大し,無線区間における「無線資源の環境適応仮想化」と有線区間における「サービスドリブンSDN」という概念を提唱し,両者が有機的に連携する環境適応ネットワークの実現を目標として研究を進めてきた.そこで本講演では,この取り組み内容を概説すると共に,今後予定している研究の方向性について説明する. 
(英) The authors proposed to extend the applicability of SDN from wired network to wireless network so that wireless resource is adaptively assigned and controlled based on user traffic flow. In a similar manner, they have also proposed a concept of service driven SDN with which both wireless and wired network resource are adaptively controlled in a coordinated fashion. In this talk, above study result is reported and future directions are also depicted.
キーワード (和) SDN / 仮想化 / 有線/無線統合 / スペクトラム管理 / / / /  
(英) SDN / Virtualization / Wired/Wireless integration / Spectrum management / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 297, NS2020-94, pp. 38-41, 2020年12月.
資料番号 NS2020-94 
発行日 2020-12-10 (NS, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2020-94 RCS2020-141

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2020-12-17 - 2020-12-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証,無線VoIP,IoT,エッジコンピューティング,一般 
テーマ(英) Multi-hop/Relay/Cooperation, Disaster-resistant wireless network, Sensor/Mesh network, Ad-hoc network, D2D/M2M, Wireless network coding, Handover/AP switching/Connected cell control/Load balancing among base stations/Mobile network dynamic reconfiguration, QoS/QoE assurance, Wireless VoIP, IoT, Edge computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2020-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 環境適応型フレームワーク「先進的無線・有線ハーモナイズドSDN」についての研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on environment aware framework "Advanced wireless/wired harmonized SDN" 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(2)(和/英) 仮想化 / Virtualization  
キーワード(3)(和/英) 有線/無線統合 / Wired/Wireless integration  
キーワード(4)(和/英) スペクトラム管理 / Spectrum management  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 正良 / Masayoshi Ohashi / オオハシ マサヨシ
第1著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 真衣 / Mai Ota / オオタ マイ
第4著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田久 修 / Osamu Takyu / タキュウ オサム
第5著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 妙中 雄三 / Yuzo Taenaka / タエナカ ユウゾウ
第6著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-12-17 15:40:00 
発表時間 50 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2020-94,IEICE-RCS2020-141 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.297(NS), no.298(RCS) 
ページ範囲 pp.38-41(NS), pp.40-43(RCS) 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2020-12-10,IEICE-RCS-2020-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会