お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-12-15 12:25
VR空間の迷路探索課題における人の学習過程に関する考察 ~ 強化学習の枠組みを用いたアプローチ ~
寺井 輝田辺弘子小宮山 摂青学大
抄録 (和) 近年,人と学習過程のよく似た強化学習を利用した迷路探索課題において,動的な環境変化に対する学習方法が注目を集めているが,人が迷路探索を行う場合の動的環境変化に対する学習過程はほとんど研究例がない.そこで本研究ではVRを用いて強化学習の環境を疑似体験できる迷路を作成した.この迷路を用いて被験者の動的環境変化に対する学習過程を観測し,強化学習との差異を考察する. 
(英) In recent years, learning methods for dynamic environmental changes have been attracting attention in maze search tasks that use reinforcement learning, which has a similar learning process to humans. However, there are few studies on the learning process for dynamic environmental changes when a person searches a maze. Therefore, in this research, we created a maze that allows you to experience the environment of reinforcement learning in a simulated manner using VR. Using this maze, we observe the learning process of the subject for dynamic environmental changes and consider the difference from reinforcement learning.
キーワード (和) 強化学習 / 迷路探索 / 動的環境変化 / VR / 認知地図 / / /  
(英) Reinforcement Learning / Maze / Dynamic environmental change / VR / Cognitive map / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2020-12-15 - 2020-12-17 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 共生社会をささえるヒューマンコミュニケーション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2020-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VR空間の迷路探索課題における人の学習過程に関する考察 
サブタイトル(和) 強化学習の枠組みを用いたアプローチ 
タイトル(英) An experimental study on human learning process in maze exploration task in VR space 
サブタイトル(英) An approach using the method of reinforcement learning 
キーワード(1)(和/英) 強化学習 / Reinforcement Learning  
キーワード(2)(和/英) 迷路探索 / Maze  
キーワード(3)(和/英) 動的環境変化 / Dynamic environmental change  
キーワード(4)(和/英) VR / VR  
キーワード(5)(和/英) 認知地図 / Cognitive map  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺井 輝 / Hikaru Terai / テライ ヒカル
第1著者 所属(和/英) 青山学院大学大学院 (略称: 青学大)
Graduate School of Science and Engineering, Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田辺 弘子 / Hiroko Tanabe / タナベ ヒロコ
第2著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小宮山 摂 / Setsu Komiyama / コミヤマ セツ
第3著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-12-15 12:25:00 
発表時間 15 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会