お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-12-03 16:20
劣化型放送通信路における緩和項を用いた容量域計算アルゴリズムと収束性
八田悠司大濱靖匡電通大IT2020-61
抄録 (和) Arimoto,Blahutは、離散無記憶単一通信路の通信路容量を求める逐次計算アルゴリズムを提案した。しかし、多端子のモデルにおける容量域を求める計算アルゴリズムは未だ確立されていない。
劣化型放送通信路に対し、安井はArimoto-Blahut型領域計算アルゴリズムを提案し、最適分布に収束するための十分条件を得た。新井は緩和項を用いた容量域計算アルゴリズムを提案したが、領域の境界を与える最適分布への収束について、十分な議論がなされなかった。

本研究では緩和項を用いた逐次計算アルゴリズムに対する数値実験を行い、同一の通信路に対して複数の収束が得られた理由について考察を行った。また、緩和項を用いた容量域計算アルゴリズムが最適分布へ収束するための十分条件を導いた。この結果は、安井の得た結果より条件が緩いことが期待される。 
(英) Arimoto, Blahut proposed sequential algorithm toward computing the capacity region of the discrete memoryless channel. But, computing algorithm for capacity region of multi-user channel has not been established.
Yasui proposed Arimoto-Blahut type algorithm toward computing the capacity region of the degraded broadcast channnel, and they proved the global convergence of the algorithm when some conditions hold. Arai proposed an algorithm for computing the capacity region using relaxation terms, but they had not proved the global convergence.

In this paper, we present numerical experiment on the sequential computation algorithm using relaxation terms. We discuss several different convergence in same channel. We prove the global convergence of the algorithm using relaxation terms. We hope that our sufficient condition is less strict than Yasui's result.
キーワード (和) 通信路容量域 / 劣化型放送通信路 / / / / / /  
(英) capacity region / degraded broadcast channnel / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 268, IT2020-61, pp. 200-205, 2020年12月.
資料番号 IT2020-61 
発行日 2020-11-24 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2020-61

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2020-12-01 - 2020-12-03 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 若手研究者のための講演会,一般 
テーマ(英) Lectures for Young Researchers, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2020-12-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 劣化型放送通信路における緩和項を用いた容量域計算アルゴリズムと収束性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Algorithm for Computing the Capacity Region of Degraded Broadcast Channels Using Relaxation Terms and Convergence 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通信路容量域 / capacity region  
キーワード(2)(和/英) 劣化型放送通信路 / degraded broadcast channnel  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八田 悠司 / Yuji Hatta / ハッタ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大濱 靖匡 / Yasutada Ohama / オオハマ ヤスタダ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-12-03 16:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2020-61 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.268 
ページ範囲 pp.200-205 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2020-11-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会