お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-27 14:35
サービスファンクションチェイニングオーケストレーションの性能評価
関根 響金井謙治甲藤二郎早大)・金光永煥東京工科大)・中里秀則早大CS2020-72 IE2020-31
抄録 (和) 筆者らはこれまで,ネットワーク機能仮想化とサービスファンクションチェイニングを利用した,SFCオーケストレーションを提案してきた.本稿ではこのフレームワークにおいて,効率的なリソース利用を実現するため,仮想ネットワーク機能の配置問題を適用する.配置手法として,SFインスタンスと通信の両方の数を最小化する目的関数を設定し,整数線形計画法に基づく数学モデルを構築する.これを検証するため,フレームワークのモデルを実装し,数値評価と実機実験を実行して性能を評価する.評価結果から,提案手法によりSF配置数とSFインスタンス間の通信数を削減できることが確認された. 
(英) Authors have proposed SFC orchestration using network function virtualization and service function chaining. In this paper, we apply a placement problem of virtual network functions in order to use resources efficiently. As a placement method, we set an objective function as minimizing both numbers of SF instances and communications and build a mathematical model based on Integer Linear Programming. To validate this, we implement a model for the framework and evaluate the performances by carrying out a numerical evaluation and a real experiment. From the evaluation results, we confirm that the proposed approach can reduce the number of SF placements and the number of communications among SF instances.
キーワード (和) IoT / ネットワーク機能仮想化 / サービスファンクションチェイニング / VNF/SFC配置 / オーケストレーション / / /  
(英) IoT / Network Function Virtualization / Service Function Chaining / VNF/SFC placement / Orchestration / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 252, CS2020-72, pp. 33-38, 2020年11月.
資料番号 CS2020-72 
発行日 2020-11-19 (CS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2020-72 IE2020-31

研究会情報
研究会 IE CS IPSJ-AVM ITE-BCT  
開催期間 2020-11-26 - 2020-11-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 画像符号化,通信・ストリーム技術,一般 
テーマ(英) Image coding, Communications and streaming technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2020-11-IE-CS-AVM-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サービスファンクションチェイニングオーケストレーションの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluations of Service Function Chaining Orchestration 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク機能仮想化 / Network Function Virtualization  
キーワード(3)(和/英) サービスファンクションチェイニング / Service Function Chaining  
キーワード(4)(和/英) VNF/SFC配置 / VNF/SFC placement  
キーワード(5)(和/英) オーケストレーション / Orchestration  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 関根 響 / Hibiki Sekine / セキネ ヒビキ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 謙治 / Kenji Kanai / カナイ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 金光 永煥 / Hidehiro Kanemitsu / カネミツ ヒデヒロ
第4著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中里 秀則 / Hidenori Nakazato / ナカザト ヒデノリ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-27 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2020-72,IEICE-IE2020-31 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.252(CS), no.253(IE) 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2020-11-19,IEICE-IE-2020-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会