お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-27 09:25
水中音響通信のためのjoint detectionによる差動OFDM
久保博嗣田中優花中井 唯久保哲朗豊田 遥山本巧尊豊田晃紀立命館大AP2020-89 RCS2020-131
抄録 (和) 本報告では,二重選択性が厳しい水中音響通信(UWAC)のための,joint detection (JD) による差動orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) に関して論じる.ここで,JDとはblindで伝送路推定とデータ判定を同時に実施可能な復調技術である.二重選択性が厳しい環境では,伝送路推定のためのパイロットが不要なJDによる差動OFDMが有効である.しかし,差動OFDMを用いても,同期タイミングの時間変動に追随するため,同期語 (SW) の挿入頻度が増加する.時間軸方向のみに差動符号化を行い,JDで復調する差動OFDMは,サブキャリア間の位相関係に制約がない.それゆえ,差動OFDMのサブキャリア間にSWに用いるZadoff-Chu (ZC) 系列に相当する位相差を与える,subcarrier phase offset (SPO) を適用できる.SPO差動OFDMでは,各サブキャリアにおけるシンボルは時間方向の連続変調信号となり,JDを複数のフレームに渡り連続的に適用でき情報伝送効率を改善できる.最後に,シミュレーションから,UWAC環境におけるSPO差動OFDMの特性を示す. 
(英) his paper discusses differential orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) employing joint detection (JD) for underwater acoustic communications (UWACs) in the presence of severe double selectivity, where JD can estimate channel and data simultaneously. JD is effective for severe doubly-selective environment, because JD can detect data without pilot-symbols for its channel estimation. However, even differential OFDM needs frequent synchronization word (SW) insertion, in order to track fast time-varying SW timing. If differential OFDM performs differential encoding only for time direction and data detection by means of JD, there is no constraint for its phase differences between subcarriers. Thus, this differential OFDM can employ a subcarrier phase offset (SPO) scheme, whose subcarrier reference phase is equal to Zadoff-Chu (ZC) sequence of SW. SPO differential OFDM can improve transmission information efficiency, because JD can operate continuously through multiple frames. Finally, computer simulation confirms performance of SPO differential OFDM in UWAC environment.
キーワード (和) マルチキャリア伝送方式 / 差動OFDM / ジョイントディテクション / 二重選択性伝搬路 / 水中音響通信 / / /  
(英) Multi-Carrier Modulation Scheme / Differential OFDM / Joint Detection / Doubly-Selective Channels / Underwater Acoustic Communications / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 249, RCS2020-131, pp. 116-121, 2020年11月.
資料番号 RCS2020-131 
発行日 2020-11-18 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2020-89 RCS2020-131

研究会情報
研究会 RCS AP UWT  
開催期間 2020-11-25 - 2020-11-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-11-RCS-AP-UWT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 水中音響通信のためのjoint detectionによる差動OFDM 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Differential OFDM Employing Joint Detection for Underwater Acoustic Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチキャリア伝送方式 / Multi-Carrier Modulation Scheme  
キーワード(2)(和/英) 差動OFDM / Differential OFDM  
キーワード(3)(和/英) ジョイントディテクション / Joint Detection  
キーワード(4)(和/英) 二重選択性伝搬路 / Doubly-Selective Channels  
キーワード(5)(和/英) 水中音響通信 / Underwater Acoustic Communications  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 優花 / Yuka Tanaka / タナカ ユウカ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中井 唯 / Yui Nakai / ナカイ ユイ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 哲朗 / Tetsuro Kubo / クボ テツロウ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 遥 / Haruka Toyota / トヨタ ハルカ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 巧尊 / Yoshitaka Yamamoto / ヤマモト ヨシタカ
第6著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 晃紀 / Kouki Toyoda / トヨダ コウキ
第7著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-27 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-AP2020-89,IEICE-RCS2020-131 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.248(AP), no.249(RCS) 
ページ範囲 pp.84-89(AP), pp.116-121(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2020-11-18,IEICE-RCS-2020-11-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会