お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-27 15:40
FDTD法を用いた屋内伝搬解析の一検討
荒川祐也嶌田斐呂前山利幸拓殖大)・山本尚武菱川哲也パナソニック)・齋藤健太郎高田潤一東工大AP2020-93
抄録 (和) 筆者らは,大規模な屋内における伝搬特性の解析のため,電磁解析手法であるFDTD法(Finite Difference Time Domain method)と電波伝搬シミュレーション手法であるレイトレース法を用いている.特に,屋内における電波伝搬は,直接波に加え反射波,回折波および透過波によって複合的に構成されている.これらの波は,反射,回折および透過となる対象物の電気的特性を用いて,物理現象を計算機上に再現している.しかし,現実には既存の建物などの対象物の電気定数を非破壊で計測することは困難である.本報告では,鉄筋コンクリートに着目し,複数の論文で報告されている鉄筋コンクリートの電気定数を用いてFDTD法により伝搬損失を求め,伝搬損失の実測と比較した結果を報告する. 
(英) The authors use the FDTD method (Finite Difference Time Domain method) and ray tracing method, which are electromagnetic analysis methods, because of the propagation characteristics in large-scale indoors. Radio wave propagation indoors consists of reflection, diffraction and transmission. The above method reproduces the phenomenon on a computer using the electrical characteristics of the object. However, it is difficult to non-destructively measure the electrical constants of existing building objects. Therefore, we report the results of estimating the propagation loss by the FDTD method using typical electric constants for buildings made of reinforced concrete and comparing them with actual measurement values.
キーワード (和) FDTD / 屋内伝搬 / T字路 / / / / /  
(英) FDTD / Indoor Propagation / T-Junction / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 248, AP2020-93, pp. 107-111, 2020年11月.
資料番号 AP2020-93 
発行日 2020-11-18 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2020-93

研究会情報
研究会 RCS AP UWT  
開催期間 2020-11-25 - 2020-11-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2020-11-RCS-AP-UWT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FDTD法を用いた屋内伝搬解析の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Indoor Propagation Analysis Using the FDTD Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDTD / FDTD  
キーワード(2)(和/英) 屋内伝搬 / Indoor Propagation  
キーワード(3)(和/英) T字路 / T-Junction  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 祐也 / Yuya Arakawa / アラカワ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 嶌田 斐呂 / Hiro Shimada / シマダ ヒロ
第2著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前山 利幸 / Toshiyuki Maeyama / マエヤマ トシユキ
第3著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 尚武 / Naotake Yamamoto / ヤマモト ナオタケ
第4著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 菱川 哲也 / Tetsuya Hishikawa / ヒシカワ テツヤ
第5著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 健太郎 / Kentaro Saito / サイトウ ケンタロウ
第6著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ichi Takada / タカダ ジュンイチ
第7著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-27 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2020-93 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.248 
ページ範囲 pp.107-111 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2020-11-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会