お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-26 09:20
過負荷物理層ネットワークコーディングの構成法
谷川智也田野 哲侯 亜飛岡山大SRW2020-26
抄録 (和) MIMO双方向2ホップネットワークにおいて,中継機のアンテナ数に依存せず,高速通信を実現する物理層ネットワークコーディングを提案する.
特に中継機のアンテナ数が端末のアンテナ数よりも少ない場合の構成法を示す.すなわち,中継機のアンテナ数以上の空間多重を行うことで高速通信を実現する.
そのため,提案法では端末送信時だけでなく,中継機送信時にもプリコーディングを行う.そして,端末アンテナ数分の空間多重を高品質に実現するため,基底格子縮小を利用した新しい非線形プリコーディングを提案する.加えて中継機から2つの端末へのブロードキャストの為の新しいプリコーディング法も提案する.提案法の特性を計算機シミュレーションにより評価したところ,端末アンテナ数4,中継機アンテナ数2の過負荷状態であっても良好な特性が得られた. 
(英) This paper proposes a physical-layer network coding for MIMO two-way two-hop networks that achieves high speed communication independent of the number of antennas on the relay.
Especially show a configuration method for the case where the number of antennas of the relay is less than that of the terminal. In other words, high speed communication is achieved by spatial multiplexing over the number of antennas of the relay.
Therefore, in the proposed method, precoding is performed not only at the time of terminal transmission but also at the time of relay transmission.
In order to achieve high quality spatial multiplexing with the number of terminal antennas, I propose a new non-linear precoding using lattice reduction. In addition, I propose a new precoding method for broadcasting from a relay to two terminals.
The characteristics of the proposed method were evaluated by computer simulation, and good performance was obtained even under overload conditions of 4 terminal antennas and 2 relay antennas.
キーワード (和) 物理層ネットワークコーディング / 過負荷 / プリコーディング / 特異値分解 / 基底格子縮小 / / /  
(英) Physical-Layer Network Coding / overload / precoding / singular value decomposition / lattice reduction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 260, SRW2020-26, pp. 7-12, 2020年11月.
資料番号 SRW2020-26 
発行日 2020-11-19 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2020-26

研究会情報
研究会 SRW SeMI CNR  
開催期間 2020-11-26 - 2020-11-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) IoTワークショップ 
テーマ(英) IoT Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2020-11-SRW-SeMI-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 過負荷物理層ネットワークコーディングの構成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Construction Method of Overloaded Physical-Layer Network Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 物理層ネットワークコーディング / Physical-Layer Network Coding  
キーワード(2)(和/英) 過負荷 / overload  
キーワード(3)(和/英) プリコーディング / precoding  
キーワード(4)(和/英) 特異値分解 / singular value decomposition  
キーワード(5)(和/英) 基底格子縮小 / lattice reduction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 智也 / Tomoya Tanikawa / タニカワ トモヤ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田野 哲 / Satoshi Denno / デンノ サトシ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 侯 亜飛 / Yafei Hou / コウ アヒ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-26 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2020-26 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.260 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2020-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会