お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-26 14:10
効率的なIoTデータ共有およびIoTサービス配備のためのIoTメタ情報管理に関する検討
高橋圭介中里秀則金井謙治早大CS2020-67 IE2020-26
抄録 (和) 本稿では、物理IoTデバイスやIoTデバイス仮想化ソフトウェア(ThingVisor)が持つメタ情報の管理サービスであるCatalog Serverおよびその各種プロトコルを提案する。
本Catalog Serverを介することで、仮想IoTシステムへのThingVisorの配備や生成されるVirtual Things(vThings)の接続性までを自動的に管理することが可能となる。
この機能を実現するために、1)物理IoTデバイスのメタ情報をCatalog Serverへ登録するプロトコル、2)ThingVisor作成者が作成したThingVisorのメタ情報をCatalog Serverに登録するプロトコル、3)ThingVisorの自動配備およびvThings取得に関するプロトコル、これら3つのプロトコルについて検討し、特に3)におけるThingVisor自動配備からvThings取得までにかかる遅延時間を初期評価した。 
(英) This paper proposes Catalog Server and its various protocols for efficient IoT meta data management. The Catalog Server has capabilities of collecting and storing of physical IoT devices and IoT device virtualization software (ThingVisor). Through this Catalog Server, it is possible to automatically manage the deployment of ThingVisor to virtual IoT system (VirIoT) and solve connectivity of generated Virtual Things (vThings).
To realize the functions, We desing the three following protocols: 1) protocol for registering meta data of physical IoT devices in Catalog Server, 2) protocol for registering meta data of ThingVisor created by ThingVisor creator in Catalog Server, and 3) automatic deployment of ThingVisor into VirIoT. We examine the protocols related to vThings acquisition and these three protocols, and in particular, we initially evaluated the delay for automatic deployment to vThings acquisition in 3).
キーワード (和) IoTプラットフォーム / IoTシステム仮想化 / プロトコル / / / / /  
(英) IoT Platform / IoT Virtualization / Protocol / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 252, CS2020-67, pp. 13-18, 2020年11月.
資料番号 CS2020-67 
発行日 2020-11-19 (CS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2020-67 IE2020-26

研究会情報
研究会 IE CS IPSJ-AVM ITE-BCT  
開催期間 2020-11-26 - 2020-11-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 画像符号化,通信・ストリーム技術,一般 
テーマ(英) Image coding, Communications and streaming technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2020-11-IE-CS-AVM-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 効率的なIoTデータ共有およびIoTサービス配備のためのIoTメタ情報管理に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of IoT meta data management protocols for efficient IoT data sharing and IoT service deployment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoTプラットフォーム / IoT Platform  
キーワード(2)(和/英) IoTシステム仮想化 / IoT Virtualization  
キーワード(3)(和/英) プロトコル / Protocol  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 圭介 / Keisuke Takahashi / タカハシ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中里 秀則 / Hidenori Nakazato / ナカザト ヒデノリ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 謙治 / Kenji Kanai /
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学理工学術院総合研究所 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-26 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2020-67,IEICE-IE2020-26 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.252(CS), no.253(IE) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2020-11-19,IEICE-IE-2020-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会