お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年9月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-26 11:50
ワイヤレスセンサネットワーク構築支援アプリケーション ~ RSSI予測モデル式の推定 ~
織田悦至河内洸貴濱崎利彦広島工大SeMI2020-18
抄録 (和) 2.4 GHzおよび920 MHzのメッシュタイプのワイヤレスセンサネットワークにおける中継ノードの位置を決定するための、農林業向けのアプリケーションシステムを開発しました。 このアプリケーションは静的配置システムです。 まず、各初期ノードの送信範囲は、複雑な地形におけるRSSI(Received Signal Strength Indication)シミュレーション値によって定義されます。 次に、新しく提案された検索アルゴリズムを使用して、LOS(見通し)とNLOS(見通し外)の条件を考慮して、最適な中継ノードを構成します。 
(英) We developed an application system to determine the location of relay nodes in a mesh-type wireless sensor network of 2.4 GHz and 920 MHz for agriculture and forestry. This application is a static placement system. First, the transmission range of each initial node is defined by RSSI (Received Signal Strength Indication) simulation value in complicated terrain. Then, a newly proposed search algorithm is used to configure optimal relay nodes, considering LOS (line-of-sight) and NLOS (non-line-of-sight) condition.
キーワード (和) WSN / RSSI / 中継ノード / ナイフエッジ回折モデル / 自由空間伝搬モデル / フレネルゾーン / /  
(英) WSN / RSSI / relay node / Knife-edge diffraction model, / Free-space propagation loss model / Fresnel zone / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 261, SeMI2020-18, pp. 13-16, 2020年11月.
資料番号 SeMI2020-18 
発行日 2020-11-19 (SeMI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SeMI2020-18

研究会情報
研究会 SRW SeMI CNR  
開催期間 2020-11-26 - 2020-11-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) IoTワークショップ 
テーマ(英) IoT Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SeMI 
会議コード 2020-11-SRW-SeMI-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ワイヤレスセンサネットワーク構築支援アプリケーション 
サブタイトル(和) RSSI予測モデル式の推定 
タイトル(英) Wireless Sensor Networks Construction Support Application 
サブタイトル(英) Estimation of RSSI prediction model formula 
キーワード(1)(和/英) WSN / WSN  
キーワード(2)(和/英) RSSI / RSSI  
キーワード(3)(和/英) 中継ノード / relay node  
キーワード(4)(和/英) ナイフエッジ回折モデル / Knife-edge diffraction model,  
キーワード(5)(和/英) 自由空間伝搬モデル / Free-space propagation loss model  
キーワード(6)(和/英) フレネルゾーン / Fresnel zone  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 織田 悦至 / Etsushi Oda / オダ エツシ
第1著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: HIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河内 洸貴 / Koki Kawauchi / カワウチ コウキ
第2著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: HIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱崎 利彦 / Toshihiko Hamasaki / ハマサキ トシヒコ
第3著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: HIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-26 11:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SeMI 
資料番号 IEICE-SeMI2020-18 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.261 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SeMI-2020-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会