お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-26 16:00
[ポスター講演]無線LANのためのリアプノフ最適化による低遅延スケジューリング
小寺駿乃祐尹 博山本高至京大)・アベセカラ ヒランタNTTSeMI2020-23
抄録 (和) 無線LAN(Local Area Network)の利用用途の多様化に伴って,無線LANでの低遅延通信が求められている.
そこで本稿では,このことに着目して提案された,IEEE 802.11axから利用できるようになったOFDMA(Orthogonal Frequency-Division Multiple Access)リソース割当を用いた,遅延条件を満たすスケジューラについて述べる.
本手法ではまず,遅延指標の一つである送信キューの安定性と瞬時データレートの公平性の両立を,最適化問題に定式化する.
この問題をリアプノフ最適化を用いて制約条件を目的関数に組み込み,問題を解くことでOFDMAリソース割当を行う.
一方でIEEE 802.11axでは隣接局と条件付きで同時通信が可能となり,それによって同一チャネル内の制御不能な干渉が発生してしまい,リソース割当に必要なデータレートの把握が困難となっている.
そのため,本手法ではBSS(Basic Service Set)Color 情報を用いて隣接局の通信状況を把握し,データレートを推定している.
最後に,無線LANを模した環境下で提案手法をシミュレーションし,遅延指標とデータレートの公平性を他手法と比較評価する. 
(英) Wireless local area networks (WLANs) have been widely deployed today, and the demand for low latency communication in WLANs has been growing.
This paper introduces latency-aware scheduler with orthogonal frequency-division multiple access (OFDMA) used in IEEE 802.11ax networks.
In this method, we formulate a scheduling problem for WLANs with the stabilization of the transmission queue, which is one of the quality of service (QoS) issues and the fairness of the instantaneous data rate as a stochastic optimization problem.
This problem is solved by using Lyapunov optimization, which eliminates the time average constraints of the problem.
In IEEE 802.11ax networks, access points (APs) can transmit concurrently with neighboring WLANs.
Accordingly, it has been difficult to estimate the data rate that is necessary for resource allocation.
This method adopts a data rate estimation from basic service set (BSS) color.
Finally, we perform numerical simulations in dense WLANs and compare a latency index and fairness of data rate among the proposed scheme and compared schemes.
キーワード (和) BSS Color / IEEE 802.11ax / リアプノフ最適化 / QoS / OFDMA / 無線リソース割当 / /  
(英) BSS Color / IEEE 802.11ax / Lyapunov Optimization / QoS / OFDMA / Radio Resource Management / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 261, SeMI2020-23, pp. 35-38, 2020年11月.
資料番号 SeMI2020-23 
発行日 2020-11-19 (SeMI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SeMI2020-23

研究会情報
研究会 SRW SeMI CNR  
開催期間 2020-11-26 - 2020-11-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) IoTワークショップ 
テーマ(英) IoT Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SeMI 
会議コード 2020-11-SRW-SeMI-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANのためのリアプノフ最適化による低遅延スケジューリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Latency-Aware Fair Scheduling for Spatial Reuse in WLANs: A Lyapunov Optimization Approach 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BSS Color / BSS Color  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.11ax / IEEE 802.11ax  
キーワード(3)(和/英) リアプノフ最適化 / Lyapunov Optimization  
キーワード(4)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(5)(和/英) OFDMA / OFDMA  
キーワード(6)(和/英) 無線リソース割当 / Radio Resource Management  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小寺 駿乃祐 / Shunnosuke Kotera / コテラ シュンノスケ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 尹 博 / Bo Yin / イン ハク
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) アベセカラ ヒランタ / Hirantha Abeysekera / アベセカラ ヒランタ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-26 16:00:00 
発表時間 70 
申込先研究会 SeMI 
資料番号 IEICE-SeMI2020-23 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.261 
ページ範囲 pp.35-38 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SeMI-2020-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会