お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-26 17:20
[ポスター講演]ネットワークエッジでの軽量なDDoS緩和におけるキュー割り当て方法の検討
八重樫 遼東京農工大)・久野大介阪大)・中山 悠東京農工大SeMI2020-32
抄録 (和) 5Gをはじめとしたネットワークサービスの進化に伴い,Internet of Thing(IoT)が急速に発展している.IoTデバイスの爆発的な増加に従い,DDoS(Distributed Denial-of-Service)攻撃の規模や頻度も拡大し,社会的な課題となっている.このような攻撃の代表例としてMiraiボットネットが挙げられる.ネットワークエッジにおいて低コストかつ簡易にDDoS攻撃を抑制する手法として,確率的キュー割り当てによるFlooding攻撃検知手法が提案されている.しかしながら,従来手法ではフロー数が多い場合の検知速度低下および,割り当てのランダム性により最悪値の保証ができない課題があった.そこで本研究では,検知速度の高速化および最悪値保証を可能とするキュー割り当てアルゴリズムを提案する.また提案手法の性能について,理論解析およびシミュレーションにより検証した結果を示す. 
(英) The recent evolution of communication technologies including 5G has lead to the rapid development of Internet of Thing (IoT). Along with the significant increase of IoT devices, the scale and frequency of Distributed Denial-of-Service (DDoS) attacks have been increasing. The Mirai botnet is a typical example of such DDoS attacks. To address this issue, a lightweight DDoS defense with probabilistic queue allocation was proposed to easily and inexpensively mitigate flooding attacks at a network edge. However, the detection speed of the existing algorithm was reduced when the number of incoming flows is large, and the worst-case latency cannot be guaranteed due to the randomness of the assignment. In this study, we propose a novel queue allocation algorithm to achieve fast detection and to guarantee the worst-case latency. The performance of the proposed algorithm is confirmed with theoretical analysis and computer simulations.
キーワード (和) IoT / DDoS / キューイング / / / / /  
(英) Internet of Things / Distributed Denial-of-Service / Queueing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 261, SeMI2020-32, pp. 67-72, 2020年11月.
資料番号 SeMI2020-32 
発行日 2020-11-19 (SeMI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SeMI2020-32

研究会情報
研究会 SRW SeMI CNR  
開催期間 2020-11-26 - 2020-11-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) IoTワークショップ 
テーマ(英) IoT Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SeMI 
会議コード 2020-11-SRW-SeMI-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワークエッジでの軽量なDDoS緩和におけるキュー割り当て方法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Queue Allocation Methods on Light-Weight DDoS Mitigation at Network Edge 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / Internet of Things  
キーワード(2)(和/英) DDoS / Distributed Denial-of-Service  
キーワード(3)(和/英) キューイング / Queueing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八重樫 遼 / Ryo Yaegashi / ヤエガシ リョウ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 大介 / Daisuke Hisano / ヒサノ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 悠 / Yu Nakayama / ナカヤマ ユウ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-26 17:20:00 
発表時間 70 
申込先研究会 SeMI 
資料番号 IEICE-SeMI2020-32 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.261 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SeMI-2020-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会