お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-26 10:15
疑似スケールモデル実験系による複数海面位置受信電力プロファイルを利用した海中位置推定法の検証
佐瀬亮太石井 望新潟大)・高橋応明千葉大)・陳 強東北大)・吉田 弘海洋研究開発機構AP2020-85 RCS2020-124
抄録 (和) 著者らは,kHz帯において動作させる浅海における海中位置推定システムについて検討を行っている.本稿では,海面に複数の受信ポイントを設置し,それらの受信電力プロファイルから,海中のダイバーに設置された送信機の位置を特定する方法について述べる.主要な送受信形態,すなわち,送信と受信アンテナの向きが同じ場合について,疑似スケールモデル実験系を利用して,提案する位置推定法について評価を行う 
(英) The authors have investigated an underwater position estimation system in shallow water that operates in the kHz band. In this paper, we describe how to set multiple receiving points on the sea surface and identify the position of the transmitter installed on the diver under the sea from their received power profiles. For the main transmission/reception modes, that is, when the directions of the transmission and reception antennas are the same, the proposed position estimation method is evaluated using an experimental system based on the pseudo-scale model
キーワード (和) 海水 / 電磁波 / 位置推定 / 受信電力プロファイル / 疑似スケールモデル / / /  
(英) sea water / electromagnetic waves / location estimation / received power profile / pseudo scale model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 248, AP2020-85, pp. 66-71, 2020年11月.
資料番号 AP2020-85 
発行日 2020-11-18 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2020-85 RCS2020-124

研究会情報
研究会 RCS AP UWT  
開催期間 2020-11-25 - 2020-11-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2020-11-RCS-AP-UWT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 疑似スケールモデル実験系による複数海面位置受信電力プロファイルを利用した海中位置推定法の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Verification of Undersea Position Estimation Method Using Received Power Profile at Multiple Sea Surface Positions by Experimental Pseudo Scale Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 海水 / sea water  
キーワード(2)(和/英) 電磁波 / electromagnetic waves  
キーワード(3)(和/英) 位置推定 / location estimation  
キーワード(4)(和/英) 受信電力プロファイル / received power profile  
キーワード(5)(和/英) 疑似スケールモデル / pseudo scale model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐瀬 亮太 / Ryota Sase / サセ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 望 / Nozomu Ishii / イシイ ノゾム
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 応明 / Masaharu Takahashi / タカハシ マサハル
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 強 / Qiang Chen / チン キョウ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 弘 / Hiroshi Yoshida / ヨシダ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 海洋研究開発機構 (略称: 海洋研究開発機構)
Japan Agency of Marine-Earth Science and Technology (略称: JAMSTEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-26 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2020-85,IEICE-RCS2020-124 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.248(AP), no.249(RCS) 
ページ範囲 pp.66-71(AP), pp.81-86(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2020-11-18,IEICE-RCS-2020-11-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会