お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-25 16:35
代数的連結度推定のための擬似分散的連続時間アルゴリズムの一般化
島田捷生右田剛史高橋規一岡山大CAS2020-23 MSS2020-15
抄録 (和) ネットワークを形成する多数のエージェントの各々がネットワークの結びつきの強さを分散的に推定する方法を開発することは,マルチエージェントネットワークの群ロボット等への応用において基本的かつ重要な課題である.Yangらはマルチエージェントネットワークの代数的連結度を各エージェントが擬似分散的に推定するための連続時間アルゴリズムを提案し,その妥当性を理論的に証明した.代数的連結度とはネットワークのつながりの強さを表す指標の一つであり,数学的にはラプラシアン行列の2番目に小さい固有値として定義される.深海と高橋はYangらの方法における$L_2$ノルムを$L_1$ノルムや$L_infty$ノルムに置き換えたアルゴリズムを提案し,その妥当性を理論的に証明した.本報告では,Yangらのアルゴリズムや深海と高橋のアルゴリズムのノルムを$L_p$ノルムに一般化したアルゴリズムを提案し,その妥当性を理論的に証明する. 
(英) Development of decentralized algorithms for multiple agents in a network to estimate its connectivity is a fundamental and important issue in consideration of some applications of the multiagent network such as mulitrobot systems. Yang {it et al}.~proposed a pseudo-decentralized continuous-time algorithm for estimating the algebraic connectivity of the network, and proved its validity through theoretical analysis. The algebraic connectivity, that is defined as the second smallest eigenvalue of the Laplacian matrix of the network, represents how well the network is connected. Later, Fukami and Takahashi proposed to replace $L_2$ norm in Yang {it et al}.'s algorithm with $L_1$ norm or $L_infty$ norm, and proved the validity of their algorithms. In this paper, we propose a class of algorithms based on $L_p$ norm that can be considered as a generalization of the conventional algorithms. We analyze the dynamical behavior of the proposed algorithms and prove under some assumptions on the parameter values and the initial state values of the agents that all agents can estimate the algebraic connectivity.
キーワード (和) マルチエージェントネットワーク / 代数的連結度 / 連続時間アルゴリズム / Lpノルム / / / /  
(英) multiagent networks / algebraic connectivity / continuous-time algorithm / Lp norm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 246, MSS2020-15, pp. 22-27, 2020年11月.
資料番号 MSS2020-15 
発行日 2020-11-18 (CAS, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2020-23 MSS2020-15

研究会情報
研究会 MSS CAS IPSJ-AL  
開催期間 2020-11-25 - 2020-11-26 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) システムのモデリングと制御・検証・最適化の手法,機械学習的アプローチ及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2020-11-MSS-CAS-AL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 代数的連結度推定のための擬似分散的連続時間アルゴリズムの一般化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Generalization of Pseudo-Decentralized Continuous-Time Algorithms for Estimation of Algebraic Connectivity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチエージェントネットワーク / multiagent networks  
キーワード(2)(和/英) 代数的連結度 / algebraic connectivity  
キーワード(3)(和/英) 連続時間アルゴリズム / continuous-time algorithm  
キーワード(4)(和/英) Lpノルム / Lp norm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 捷生 / Katsuki Shimada / シマダ カツキ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 右田 剛史 / Tsuyoshi Migita / ミギタ ツヨシ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 規一 / Norikazu Takahashi / タカハシ ノリカズ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-25 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-CAS2020-23,IEICE-MSS2020-15 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.245(CAS), no.246(MSS) 
ページ範囲 pp.22-27 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2020-11-18,IEICE-MSS-2020-11-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会