お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-20 15:30
テラヘルツ波自己相関計による繰り返し光波形の観測
山本留央加藤和利九大OPE2020-56 LQE2020-36
抄録 (和) 我々は高繰り返し光波形測定のために、光ディレイラインと高速フォトダイオードからなるテラヘルツ波自己相関計を提案し、最大300GHzの正弦波の観測を実証している。本論文では、テラヘルツ波の干渉が大きいほど繰り返しの多い波形を観測できるという仮定に基づき、テラヘルツ波間の干渉を強化するための自己相関器を改良した。今回、最大950 GHzの自己相関波形観測に成功し、提案された手法の実現可能性を示したので報告する。 
(英) For observation of a high-repetition optical waveform, we had proposed a THz wave autocorrelator consisting of an optical delay line and high-speed photodiodes and demonstrated observation of a 100-GHz sinusoidal wave. In this paper, based on an assumption that a higher THz-wave interference enables us to observe a higher-repetition waveform, we improved the autocorrelator for enhancing the interference between THz waves. Experimental results showed an autocorrelation of sinusoidal waveforms of up to 950 GHz, which testifies the feasibility of the proposed method.
キーワード (和) テラヘルツ波 / 波形測定 / 遅延 / 干渉 / 自己相関計 / フォトミキシング / /  
(英) THz waves / Waveform measurement / Delay / Interference / Interferometer / Photomixing / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 243, OPE2020-56, pp. 58-61, 2020年11月.
資料番号 OPE2020-56 
発行日 2020-11-13 (OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OPE2020-56 LQE2020-36

研究会情報
研究会 OPE LQE  
開催期間 2020-11-20 - 2020-11-20 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 学生によるポスターセッション(パッシブ/アクティブ光デバイス関連技術,一般) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2020-11-OPE-LQE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テラヘルツ波自己相関計による繰り返し光波形の観測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sub-THz-Repetition Optical Waveform Measurement by Novel THz-wave Autocorrelator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テラヘルツ波 / THz waves  
キーワード(2)(和/英) 波形測定 / Waveform measurement  
キーワード(3)(和/英) 遅延 / Delay  
キーワード(4)(和/英) 干渉 / Interference  
キーワード(5)(和/英) 自己相関計 / Interferometer  
キーワード(6)(和/英) フォトミキシング / Photomixing  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 留央 / Ruo Yamamoto / ヤマモト ルオ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 和利 / Kazutoshi Kato / カトウ カズトシ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-20 15:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-OPE2020-56,IEICE-LQE2020-36 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.243(OPE), no.244(LQE) 
ページ範囲 pp.58-61 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OPE-2020-11-13,IEICE-LQE-2020-11-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会