お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-20 14:05
[パネル討論]周波数共用におけるデータ駆動型電波伝搬推定の動向と課題
佐藤光哉東京理科大SR2020-45
抄録 (和) 周波数共用の分野では,空き帯域推定および周波数管理のため,外部データベースの活用が10年以上に渡って検討されてきた.当初,本データベースに関する議論は既存の距離減衰モデルを用いた空き帯域推定に基づくものが中心であったが,近年の深層学習やクラウドセンシングの急速な発達に伴い,これらの技術を融合することで周波数利用効率の改善を目指す動きも複数ある.そこで本稿では,周波数共用を対象とした,データ駆動型電波伝搬推定の動向とその課題について述べる.周波数共用では既存の周波数利用者の通信品質保護が最優先となることから,空き帯域の推定結果の誤差の取り扱いが鍵となる.ここでは特に観測誤差や伝搬特性の推定誤差に焦点を当てた課題整理を行ない,今後本分野において実測データを活用する上で重要となりうる議論や関連する技術について概説する. 
(英) In the field of spectrum sharing, spectrum database has been recognized as a practical enabler for estimating and managing the white spaces over the last decade. Such a database-aided white space estimation was originally based on empirical path loss models; in contrast, with the recent rapid development of deep learning and crowdsourcing, many researchers have actively discussed to combine the spectrum database and learning techniques. This paper summarizes trends and challenges of the data-driven radio propagation estimation for spectrum sharing. Because secondary users must not interfere with the primary users, it is crucial to take the property of the estimation error into account the spectrum sharing design. Based on this background, we discuss technical challenges, caused by measurement/estimation errors, and their countermeasures.
キーワード (和) 周波数共用 / 電波伝搬 / 電波マップ / 機械学習 / 空間統計 / 観測誤差 / /  
(英) spectrum sharing / radio propagation / radio map / machine learning / spatial statistics / measurement error / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 238, SR2020-45, pp. 146-151, 2020年11月.
資料番号 SR2020-45 
発行日 2020-11-11 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2020-45

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2020-11-18 - 2020-11-20 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ソフトウェア無線、コグニティブ無線、周波数共用、一般 
テーマ(英) Software Radio, Cognitive Radio, Spectrum Sharing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2020-11-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数共用におけるデータ駆動型電波伝搬推定の動向と課題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Data-Driven Radio Propagation Estimation for Spectrum Sharing: Trends and Challenges 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周波数共用 / spectrum sharing  
キーワード(2)(和/英) 電波伝搬 / radio propagation  
キーワード(3)(和/英) 電波マップ / radio map  
キーワード(4)(和/英) 機械学習 / machine learning  
キーワード(5)(和/英) 空間統計 / spatial statistics  
キーワード(6)(和/英) 観測誤差 / measurement error  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 光哉 / Koya Sato /
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-20 14:05:00 
発表時間 15 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2020-45 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.238 
ページ範囲 pp.146-151 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2020-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会