お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-18 09:55
高速・高空間解像度CMOSイメージセンサのためのリングアンプを用いた列並列パイプラインADC
小嶋 隆東京理科大)・大高俊徳亀田裕介浜本隆之東京理科大VLD2020-28 ICD2020-48 DC2020-48 RECONF2020-47
抄録 (和) 高時間分解能と高空間解像度を両立して撮像できるCMOSイメージセンサは工場での検査や計測等で要求される.高速な撮像にはパイプラインADCが適するが,ADCの面積が課題となり多画素化は困難である.内部のオペアンプを小面積化すると利得低下などでADC精度が低下する.一方,リングアンプは,セットリング途中にループ帯域を自ら制限することにより,安定化と多段利得を小面積で実現できる.本研究では,高速・高解像度CMOSイメージセンサを実現するために,リングアンプを増幅器および比較器として利用した小面積列並列パイプラインADCを提案する. 
(英) CMOS image sensor that can capture images with both high time resolution and high spatial resolution is required for inspection and measurement at factories. Pipeline ADCs are suitable for high-speed imaging, but the area of the ADC is an issue and it is difficult to increase the number of pixels. If the area of the internal operational amplifier is reduced, the ADC accuracy will decrease due to a decrease in gain. On the other hand, ring amplifier can realize stabilization and multi-stage gain in a small area by limiting the loop band by itself during settling. In this research, we propose a small-area row-parallel pipeline ADC that uses a ring amplifier as an amplifier and comparator in order to realize a high-speed, high-resolution CMOS image sensor.
キーワード (和) CMOSイメージセンサ / A/D変換器 / パイプラインADC / リングアンプ / / / /  
(英) CMOS image sensor / Analog to digital converter / Pipelined ADC / Ring amplifer / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 235, ICD2020-48, pp. 101-105, 2020年11月.
資料番号 ICD2020-48 
発行日 2020-11-10 (VLD, ICD, DC, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2020-28 ICD2020-48 DC2020-48 RECONF2020-47

研究会情報
研究会 VLD DC RECONF ICD IPSJ-SLDM  
開催期間 2020-11-17 - 2020-11-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) デザインガイア2020 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2020 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2020-11-VLD-DC-RECONF-ICD-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速・高空間解像度CMOSイメージセンサのためのリングアンプを用いた列並列パイプラインADC 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Column-Parallel Pipelined ADC with Ring Amplifier for High Speed and High Spatial Resolution CMOS Image Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CMOSイメージセンサ / CMOS image sensor  
キーワード(2)(和/英) A/D変換器 / Analog to digital converter  
キーワード(3)(和/英) パイプラインADC / Pipelined ADC  
キーワード(4)(和/英) リングアンプ / Ring amplifer  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小嶋 隆 / Takashi Kojima / コジマ タカシ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大高 俊徳 / Toshinori Otaka / オオタカ トシノリ
第2著者 所属(和/英) * (略称: *)
* (略称: *)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 裕介 / Yusuke Kameda / カメダ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜本 隆之 / Takayuki Hamamoto / ハマモト タカユキ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of science (略称: TUS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-18 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-VLD2020-28,IEICE-ICD2020-48,IEICE-DC2020-48,IEICE-RECONF2020-47 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.234(VLD), no.235(ICD), no.236(DC), no.237(RECONF) 
ページ範囲 pp.101-105 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-VLD-2020-11-10,IEICE-ICD-2020-11-10,IEICE-DC-2020-11-10,IEICE-RECONF-2020-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会