お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-12 16:50
位相変調Y-00光通信量子暗号におけるWDM信号の一括暗号化実験
谷澤 健二見史生玉川大OCS2020-26
抄録 (和) 光通信システムにおける光ファイバからの盗聴を防止するために,光の物理的な性質を用いた物理レイヤ暗号化が着目されている.著者らは共有鍵による多値光変調への変換を用いて,光信号受信時に不可避な量子雑音(ショット雑音)の影響により秘匿性を実現するY-00光通信量子暗号の研究を進めている.本稿では,波長多重した複数の信号チャネルを一括で多値化して暗号化する位相変調Y-00光通信量子暗号システムの実験を報告する.12-GbaudのQPSKデータ変調信号4チャネルを共通の位相変調器を用いて暗号化し,コヒーレント受信後に鍵を用いて復号化できることを実証した. 
(英) Tapping from an optical fiber link is a potential security risk in optical communication systems. Physical layer encryption utilizing physical property of light is a promising technique to make such tapping impossible. We focus on Y-00 quantum stream cipher utilizing multilevel optical modulation with a pre-shared seed key. Interception of the multilevel optical signal by an eavesdropper is disrupted by quantum (shot) noise in the cipher system. This paper reports multi-channel simultaneous encryption for a WDM system of phase-shift-keying Y-00 cipher. Experimental results show that four channels of 12-Gbaud QPSK data signals are simultaneously encrypted with common two-cascaded phase modulators and that the encrypted channels are successfully decrypted using a pre-shared key.
キーワード (和) 光ファイバ通信 / セキュリティ / 量子雑音 / デジタルコヒーレント / 多値変調 / / /  
(英) Optical fiber communications / Security / Quantum noise / Digital coherent detection / Multilevel modulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 229, OCS2020-26, pp. 15-20, 2020年11月.
資料番号 OCS2020-26 
発行日 2020-11-05 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2020-26

研究会情報
研究会 OFT ITE-BCT OCS IEE-CMN  
開催期間 2020-11-12 - 2020-11-13 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 放送システム、CATV、放送素材伝送システム、伝送路符号化、情報源符号化、HDTVおよびUHDTV、放送通信連携、光ファイバ配線敷設・保守運用技術、光ファイバ特性測定、光ファイバ特性解析、光ケーブル・光コード、各種用途光ファイバ、光増幅器・光中継装置、光/電気クロスコネクト・OADM、光/電気多重・分離、光送受信機、光端局装置、ディジタル信号処理・誤り訂正、光通信計測、データコム用光通信機器、光変復調方式、ディジタル信号処理アルゴリズム、コヒーレント光通信、光増幅・中継技術、非線形・偏波技術、空間・可視光伝送、量子通信・暗号化技術、空間分割多重(SDM)伝送技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2020-11-OFT-BCT-OCS-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位相変調Y-00光通信量子暗号におけるWDM信号の一括暗号化実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-Channel Simultaneous Encryption in WDM Systems of PSK Y-00 Quantum Stream Cipher 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ通信 / Optical fiber communications  
キーワード(2)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(3)(和/英) 量子雑音 / Quantum noise  
キーワード(4)(和/英) デジタルコヒーレント / Digital coherent detection  
キーワード(5)(和/英) 多値変調 / Multilevel modulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷澤 健 / Ken Tanizawa / タニザワ ケン
第1著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 二見 史生 / Fumio Futami / フタミ フミオ
第2著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-12 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2020-26 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.229 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2020-11-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会