お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-10 13:25
[依頼講演]稠密空間分割多重型エラスティック光網における使用禁止・準禁止領域を導入したクロストークアウェア周波数/コア資源割当手法
久保田浩介谷川陽祐阪府大)・廣田悠介NICT)・戸出英樹阪府大PN2020-26
抄録 (和) トラヒックの飛躍的な増大に対処するため,空間分割多重型エラスティック光網に関する研究が盛んに行われている.
稠密な空間分割多重を実現するマルチコアファイバ環境では,あるコアを通過する光パスの信号が空間的に隣接する他の光パスに干渉することでノイズとなるクロストークが発生し,通信品質の劣化原因となる.
この問題を解決する手法として,筆者らは劣化の恐れがある光パスを保護することを目的として使用禁止領域の概念を導入した周波数/コア資源割当手法を提案している.
この先行研究を含むFirst Fitをベースとした周波数資源割当アルゴリズムでは,主に低負荷時に一部の周波数資源に利用が集中し,余剰周波数資源が十分にあるにも関わらずクロストークが発生するという課題がある.
本稿では,高負荷時のパスブロッキング率を悪化させることなく低中負荷時にクロストークを抑制することを目的に,”準使用禁止スロット”の概念を導入した周波数/コア資源割当手法を提案し,その有効性を評価する. 
(英) In order to cope with a drastic increase in traffic, space-division multiplexing elastic optical networks (SDM-EONs) have been studied.
In the multi-core fiber environments, optical paths are affected by other optical paths transmitted in the same frequency slots of adjacent cores, and as a result, crosstalk is generated.
Crosstalk is a degrading factor in signal quality.
In this paper, we study a crosstalk-aware spectrum and core allocation method in Dense SDM-EONs, which is especially differentiated from conventional Coarse SDM-EONs in terms of higher transfer efficiency in many-core fiber environments, by introducing the concept of primary/secondary prohibited frequency slots.
キーワード (和) 空間分割多重 / エラスティック光ネットワーク / クロストーク / 周波数割当手法 / / / /  
(英) space-division multiplexing / elastic optical networks / crosstalk / spectrum allocation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 228, PN2020-26, pp. 18-23, 2020年11月.
資料番号 PN2020-26 
発行日 2020-11-03 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2020-26

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2020-11-10 - 2020-11-10 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) エラスティックネットワーク、フレキシブルネットワーク、光ネットワーク制御・プロトコル、トランスポートSDN、IPバックボーン、空間多重(SDM)、モード多重、光ネットワークデバイス、JPNモデル、EXATおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2020-11-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 稠密空間分割多重型エラスティック光網における使用禁止・準禁止領域を導入したクロストークアウェア周波数/コア資源割当手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Crosstalk-Aware Spectrum and Core Allocation Method Introducing Primary/Secondary Prohibited Frequency Slots in Dense SDM-EONs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間分割多重 / space-division multiplexing  
キーワード(2)(和/英) エラスティック光ネットワーク / elastic optical networks  
キーワード(3)(和/英) クロストーク / crosstalk  
キーワード(4)(和/英) 周波数割当手法 / spectrum allocation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 浩介 / Kosuke Kubota / クボタ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 陽祐 / Yosuke Tanigawa / タニガワ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 悠介 / Yusuke Hirota / ヒロタ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸出 英樹 / Hideki Tode / トデ ヒデキ
第4著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-10 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2020-26 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.228 
ページ範囲 pp.18-23 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2020-11-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会