お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-09 14:57
IoTネットワークにおける効率的な脆弱性調査システムの開発と評価
渡邉和祥飯田勝吉高井昌彰北大IA2020-19
抄録 (和) 近年DRDoS 攻撃と呼ばれるReflection/Amplification 攻撃を用いたDDoS 攻撃の被害が拡大している。この攻撃においてReflector として利用されるのは第三者ネットワークにあるIoT 機器などである。そのためIoT 機器やIoT ネットワークの管理者は自身が管理するIoT 機器がそのような攻撃に関与しないことを定期的に把握する必要がある。今後IoT の発展とともに被害が拡大することが考えられるが、規模の大きいIoT ネットワークにおいては既存の脆弱性調査ツールでは検査時間が長くかかる場合があり実用性に難がある。そこで本研究では、大規模なIoT ネットワークにおいて並列処理が可能な脆弱性調査を行うシステムを開発する。また様々な大規模IoT ネットワークでの検査時間を評価するため、Docker を用いて模擬的なIoT ネットワークを簡便に構築する。構築した環境で提案する脆弱性調査システムの性能を評価し、検査時間の推定式を明らかにする。 
(英) In recent years, a security incident called DRDoS attack, which is a kind of DoS attack using reflections and amplifications, have been frequently observed. In DRDoS attacks, the third-party devices including IoT devices are used as “reflectors.” To deal with this attack, the administrators of IoT devices and of IoT networks must periodically investigate the
“reflection” capability of owned devices. Since the deployment speed of IoT devices will be increased rapidly in near future, the effective scan tool must be employed to fulfil the responsibility of administrators. In this paper, we develop a scan tool focusing on parallel processing for large scale IoT networks. We also create an evaluation environment that measures the scanning time of large scale IoT networks having various parameters; we use the Docker software easily to setup large scale IoT networks. Finally, we develop an estimating equation of the scanning time through evaluating the proposed scan tool within the evaluation environment.
キーワード (和) IoT / DRDoS攻撃 / 大規模ネットワーク / 脆弱性調査システム / Docker / / /  
(英) IoT / DRDoS Attack / IoT network / Vulnerability scanning system / Docker / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 227, IA2020-19, pp. 7-12, 2020年11月.
資料番号 IA2020-19 
発行日 2020-11-02 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2020-19

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2020-11-09 - 2020-11-09 
開催地(和) 札幌 and オンライン開催 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生セッション、一般(日本学術振興会 インターネット技術第163委員会 共催) 
テーマ(英) Student Sessions, etc. (cosponsored by JSPS 163rd Committee on Internet Technology) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2020-11-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IoTネットワークにおける効率的な脆弱性調査システムの開発と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and evaluation of efficient vulnerability scanning system for IoT networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) DRDoS攻撃 / DRDoS Attack  
キーワード(3)(和/英) 大規模ネットワーク / IoT network  
キーワード(4)(和/英) 脆弱性調査システム / Vulnerability scanning system  
キーワード(5)(和/英) Docker / Docker  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 和祥 / Kazusyoshi Watanabe / ワタナベ カズヨシ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 勝吉 / Katsuyoshi Iida / イイダ カツヨシ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 昌彰 / Yoshiaki Takai / タカイ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-09 14:57:00 
発表時間 22 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2020-19 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.227 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2020-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会