お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-06 10:50
BLEを利用した人員接近防止手段の一検討 ~ COVID-19対策 ~
岩松隆則京都工繊大)・鈴木和浩ライフラボラトリ)・大柴小枝子京都工繊大CS2020-58
抄録 (和) 製造業や運送業などの現場における新型コロナ対策の人員接近防止手段に必要な位置推定として,Bluetooth v5.1で仕様化されたAoA・AoDが有用であることを示す.また,人員接近度合を数値化した接近値を新たに導入し,人員接近防止アルゴリズムの評価指標に使用する提案を行う.更に,これらを使用した人員接近防止アルゴリズムの実現性を具体的事例により示す.本提案により製造業や運送業などの現場で作業者が自ら意識せず接近・接触することを防止できる. 
(英) As countermeasures against the COVID-19, it was shown that the distance accuracy of personnel proximity can be secured by using AoA and AoD of Bluetooth v5.1. In addition, the feasibility of the personnel proximity prevention algorithm was shown by introducing the proximity value that numerically represents the degree of proximity. This proposal makes it possible for workers to prevent personnel proximity at sites such as manufacturing and transportation without being aware of it.
キーワード (和) Bluetooth / BLE / COVID-19 / 新型コロナ対策 / AoA / AoD / 人員接近 /  
(英) Bluetooth / BLE / COVID-19 / AoA / AoD / Personnel proximity / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 223, CS2020-58, pp. 60-63, 2020年11月.
資料番号 CS2020-58 
発行日 2020-10-29 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2020-58

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2020-11-05 - 2020-11-06 
開催地(和) オンライン+中央・野々市公民館 
開催地(英) Online + Central Community Center, Nonoichi Community Center 
テーマ(和) ブロードバンドアクセス,ホームネットワーク,ネットワークサービス,通信利用アプリケーション,一般 
テーマ(英) Broadband access, Home network, Network service, Communication applications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2020-11-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) BLEを利用した人員接近防止手段の一検討 
サブタイトル(和) COVID-19対策 
タイトル(英) A study for personnel proximity prevention measures using BLE 
サブタイトル(英) measures against COVID-19 
キーワード(1)(和/英) Bluetooth / Bluetooth  
キーワード(2)(和/英) BLE / BLE  
キーワード(3)(和/英) COVID-19 / COVID-19  
キーワード(4)(和/英) 新型コロナ対策 / AoA  
キーワード(5)(和/英) AoA / AoD  
キーワード(6)(和/英) AoD / Personnel proximity  
キーワード(7)(和/英) 人員接近 /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩松 隆則 / Takanori Iwamatsu / イワマツ タカノリ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 和浩 / Kazuhiro Suzuki / スズキ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) ライフラボラトリ株式会社 (略称: ライフラボラトリ)
LIFE LABORATORY (略称: LIFE LABORATORY)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大柴 小枝子 / Saeko Oshiba / オオシバ サエコ
第3著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-06 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2020-58 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.223 
ページ範囲 pp.60-63 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CS-2020-10-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会