お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-06 13:10
情報公開請求における文書特定の容易性
本田正美関東学院大ISEC2020-36 SITE2020-33 LOIS2020-16
抄録 (和) 公共機関では,情報公開制度が整備されており,情報開示請求を行うことで主に文書が開示される.その開示請求にあたっては,開示を求める文書を特定する必要があるが,組織外部から見たとき,いかなる文書に必要とする情報が記載されているか自明ではない.そこで,日本政府と一部自治体では,Web上で行政文書検索システムを提供している.本研究では,それら行政文書検索システムに関する事例分析を行うことで,開示請求前での文書特定の容易性を措定する. 
(英) Public administrations have an information disclosure system in place, and documents are mainly disclosed by requesting information disclosure. In the disclosure request, it is necessary to specify the document for which disclosure is requested, but when viewed from outside the organization, it is not obvious what kind of document contains the necessary information. Therefore, the Japanese government and some local governments provide an administrative document search system on the Web. In this survey, we will analyze the case of the administrative document retrieval system to determine the easiness of document identification before requesting disclosure.
キーワード (和) 情報公開制度 / 文書特定 / 文書検索 / 発見容易性 / / / /  
(英) Information disclosure system / Document identification / Document retrieval / Easiness of discovery / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 225, SITE2020-33, pp. 26-30, 2020年11月.
資料番号 SITE2020-33 
発行日 2020-10-30 (ISEC, SITE, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2020-36 SITE2020-33 LOIS2020-16

研究会情報
研究会 LOIS ISEC SITE  
開催期間 2020-11-06 - 2020-11-06 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2020-11-LOIS-ISEC-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報公開請求における文書特定の容易性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Easiness of document identification in information disclosure request 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報公開制度 / Information disclosure system  
キーワード(2)(和/英) 文書特定 / Document identification  
キーワード(3)(和/英) 文書検索 / Document retrieval  
キーワード(4)(和/英) 発見容易性 / Easiness of discovery  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本田 正美 / Masami Honda / ホンダ マサミ
第1著者 所属(和/英) 関東学院大学 (略称: 関東学院大)
Kanto Gakuin University (略称: Kanto Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-06 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-ISEC2020-36,IEICE-SITE2020-33,IEICE-LOIS2020-16 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.224(ISEC), no.225(SITE), no.226(LOIS) 
ページ範囲 pp.26-30 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ISEC-2020-10-30,IEICE-SITE-2020-10-30,IEICE-LOIS-2020-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会