電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-06 11:20
クラウドセンシング向け失効可能グループ署名の高速化
中澤勇人中西 透広島大ISEC2020-34 SITE2020-31 LOIS2020-14
抄録 (和) クラウドセンシングでは,モバイル端末を携帯した多数のユーザが移動中に環境データや混雑状況をユーザの位置情報とともにサーバに送信し,サーバがデータを分析することにより,都市レベルでの環境モニタリングや混雑予測を行う.クラウドセンシングにおいて,プライバシーを保護した効率的なユーザ認証を実現するために,ユーザ側の負担を軽減し,高速に失効確認が行える失効可能グループ署名が提案されている.しかし,この従来方式では,二つの証明書を用いてゼロ知識証明を行なうため,署名生成· 検証時間に課題がある.そこで本研究では,単一の証明書でのゼロ知識証明を行なえるように拡張することにより,署名生成· 検証処理の高速化を行なう.そして,PC 実装によりその効果を示す. 
(英) In crowdsensing, many users carrying mobile terminals send environmental data and congestion status to the server together with the user’s location information, and the server analyzes the data to perform environmental monitoring and congestion forecast at the city level. In crowdsensing, in order to realize efficient user authentication with privacy protection, a revocable group signature scheme has been proposed, where the burden on the user side is reduced and the revocation check is performed at high speed.However,in this previous scheme,there is a problem in signature generation and verification times because the zero-knowledge proof is performed by two certificates.Therefore, in this research, we speed up the signature generation and verification processes by extending it so that the zero-knowledge proof can be performed with a single certificate.Then, its effectiveness is shown by expetriments based on an implementation on a PC.
キーワード (和) クラウドセンシング / 失効可能グループ署名 / 検証者ローカル失効 / ペアリング / / / /  
(英) Crowdsensing / Revocable Group Signature / Verifier-Local Revocation / Pairing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 224, ISEC2020-34, pp. 13-18, 2020年11月.
資料番号 ISEC2020-34 
発行日 2020-10-30 (ISEC, SITE, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2020-34 SITE2020-31 LOIS2020-14

研究会情報
研究会 LOIS ISEC SITE  
開催期間 2020-11-06 - 2020-11-06 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2020-11-LOIS-ISEC-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラウドセンシング向け失効可能グループ署名の高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Speeding Up a Revocable Group Signature Scheme for Crowdsensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウドセンシング / Crowdsensing  
キーワード(2)(和/英) 失効可能グループ署名 / Revocable Group Signature  
キーワード(3)(和/英) 検証者ローカル失効 / Verifier-Local Revocation  
キーワード(4)(和/英) ペアリング / Pairing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 勇人 / Yuto Nakazawa / ナカザワ ユウト
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 透 / Toru Nakanishi / ナカニシ トオル
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-06 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2020-34,IEICE-SITE2020-31,IEICE-LOIS2020-14 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.224(ISEC), no.225(SITE), no.226(LOIS) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2020-10-30,IEICE-SITE-2020-10-30,IEICE-LOIS-2020-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会