お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-30 15:45
減衰率を導入した属性値考慮学習を行う自己組織化マップの提案
佐藤哲哉山内ゆかり日大NC2020-23
抄録 (和) 自己組織化マップは簡易なアルゴリズムながら,分類能力に優れ連続的変化に対応し,非線形モデルを作成できる.しかし勝者ノードに対する距離で学習するため,競合層で同クラスを複数箇所に形成し,クラス間の境界付近が不鮮明になる.これまで我々は学習時に入力データの属性値を用い属性値情報を蓄積し,それを用い学習度合を制御した.これに加え本論文では,蓄積した属性値情報に減衰率を与え,直近の学習結果を反映させる.実験では数字手書き文字を用い,減衰率の有効性を検証する. 
(英) Self-organizing Maps(SOM) is a simple algorithm, has excellent clustering capabilities, and can create a nonlinear model. However, since SOM performs neighborhood learning based on the similarity with the best matching unit, nodes that belongs to same class are scattered on the competitive layer and affects around nodes. Therefore, nodes on boundaries between classes becomes unclear. So far, researchers have accumulated attribute value information using the attribute information of the input data during learning, and used it to control the degree of learning. In addition, in this paper the accumulated attribute value information is given an attenuate rate to reflect the latest learning results. In the experiment, we used handwritten numbers and verified the effectiveness with attenuate rate.
キーワード (和) 自己組織化マップ / 属性値 / 減衰率 / 手書き文字認識 / / / /  
(英) Self-Organizing Maps / Attribute Information / Attenuate Rate / Handwriting Recognition / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 216, NC2020-23, pp. 77-82, 2020年10月.
資料番号 NC2020-23 
発行日 2020-10-22 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2020-23

研究会情報
研究会 MBE NC NLP CAS  
開催期間 2020-10-29 - 2020-10-30 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ME,NC,CAS,NLP,一般 
テーマ(英) ME,NC,CAS,NLP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2020-10-MBE-NC-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 減衰率を導入した属性値考慮学習を行う自己組織化マップの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Self-Organizing Map Based on Attribute Information with Attenuate Rate 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自己組織化マップ / Self-Organizing Maps  
キーワード(2)(和/英) 属性値 / Attribute Information  
キーワード(3)(和/英) 減衰率 / Attenuate Rate  
キーワード(4)(和/英) 手書き文字認識 / Handwriting Recognition  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 哲哉 / Tetsuya Sato / サトウ テツヤ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 ゆかり / Yukari Yamauti / ヤマウチ ユカリ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-10-30 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2020-23 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.216 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2020-10-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会