お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-23 13:15
周波数分散性を組み込んだFDTD法によるFR-4基板の信号伝送解析に関する基礎検討
北澤太基長野高専)・山極大葵北原 廉電通大)・チャカロタイ ジェドヴィスノプNICT)・春日貴志長野高専EMCJ2020-44 MW2020-58 EST2020-46
抄録 (和) FR-4 基板の誘電率は周波数分散性を有するため,GHz 帯では伝送特性が大きく変化する.本研究では, GHz 帯での周波数分散性を組み込んだFDTD 解析ツールを開発することを目的としている.平衡型円板共振器により 求めた誘電率から近似式を求め,高速逆ラプラス変換(FILT)とProny 法を用いて,FDTD 解析に組み込んだ.差動 線路の伝送特性 
(英) Since the permittivity of FR-4 substrate has a frequency dispersion property, transmission characteristics change significantly in the GHz band. In this research, the purpose is to develop an FDTD analysis tool implemented frequency dispersion in the GHz band. Approximation formula from the permittivity measured by the Balanced-type circular disk resonator is defined. The characteristics of frequency dispersion is implemented to the FDTD analysis by using the Fast Inverse Laplace Transform (FILT) and the Prony method. The transmission characteristics
キーワード (和) FR-4基板 / FDTD法 / 周波数分散性 / 高速逆ラプラス変換 / / Prony法 / /  
(英) FR-4 substrate / FDTD method / frequency dispersion / First inverse Laplace transform / / Prony's method / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 199, EMCJ2020-44, pp. 109-114, 2020年10月.
資料番号 EMCJ2020-44 
発行日 2020-10-15 (EMCJ, MW, EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2020-44 MW2020-58 EST2020-46

研究会情報
研究会 MW EST EMCJ PEM IEE-EMC  
開催期間 2020-10-22 - 2020-10-23 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) EMC一般/マイクロ波/電磁界シミュレーション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2020-10-MW-EST-EMCJ-PEM-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数分散性を組み込んだFDTD法によるFR-4基板の信号伝送解析に関する基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Basic Study on Signal Transmission Analysis of FR-4 Using FDTD Method Implemented Frequency Dispersion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FR-4基板 / FR-4 substrate  
キーワード(2)(和/英) FDTD法 / FDTD method  
キーワード(3)(和/英) 周波数分散性 / frequency dispersion  
キーワード(4)(和/英) 高速逆ラプラス変換 / First inverse Laplace transform  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) Prony法 / Prony's method  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北澤 太基 / Taiki Kitazawa / キタザワ タイキ
第1著者 所属(和/英) 長野工業高等専門学校 (略称: 長野高専)
National Institute of Technology, Nagano College (略称: NIT,Nagano College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山極 大葵 / Taiki Yamagiwa / タイキ ヤマギワ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 廉 / Ren Kitahara / キタハラ レン
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) チャカロタイ ジェドヴィスノプ / Jerdvisanop Chakarothai / チャカロタイ ジェドヴィスノプ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 春日 貴志 / Takashi Kasuga / カスガ タカシ
第5著者 所属(和/英) 長野工業高等専門学校 (略称: 長野高専)
National Institute of Technology, Nagano College (略称: NIT,Nagano College)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-10-23 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2020-44,IEICE-MW2020-58,IEICE-EST2020-46 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.199(EMCJ), no.200(MW), no.201(EST) 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2020-10-15,IEICE-MW-2020-10-15,IEICE-EST-2020-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会