お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-22 11:50
広帯域長六角形折返しアンテナの試作と特性測定(2)
石崎利弥小林 亨石上 忍川又 憲東北学院大)・張間勝茂NICT)・祷 真悟エレナ電子EMCJ2020-30 MW2020-44 EST2020-32
抄録 (和) 電磁妨害波(EMI)測定と無線周波数(RF)イミュニティ試験を使用するための広帯域アンテナとして、菱形折返しアンテナが提案され、その特性について検討されている。菱形折返しアンテナは、岡村らによって1950年代に開発された700 MHz程度まで使用可能な広帯域アンテナ[1]である。これまでの我々の研究において、オリジナルサイズの1/2の大きさのアンテナについて複素アンテナ係数と絶対利得を3アンテナ法で測定した。その結果、周波数上限8.5 GHzまでの広帯域性が確認されたが、工作精度が十分でないこと、及び給電点部分の強度不足により、アンテナ入力端子の電圧定在波比(VSWR)が充分小さいとは言えず、また利得の平坦性についても問題があった[2]。そこで、これらの問題点を改善するために改良した長六角形折返しアンテナによって、20 GHzまでの広帯域性及びVSWRの改善が見られた[3]。本報告では、低周波域における利得の改善等を目的とし、アンテナ形状及びアンテナ寸法を文献[3]から変えて試作を行い、その特性を測定した結果を示す。 
(英) Folded rhombic-antenna has been proposed as a broadband antenna for use in electromagnetic interference (EMI) measurements and radio frequency (RF) immunity testing. The folded rhombic antenna is developed by Okamura et al [1] in the 1950s as a broadband antenna that can be used up to about 700 MHz. In our previous research, the complex antenna factor and absolute gain were measured by the 3-antenna method for an antenna with a half size of the original antenna. As a result, it was confirmed that the bandwidth in upper limit is 8.5 GHz, but the voltage standing wave ratio (VSWR) of the antenna input terminal was not sufficiently small due to insufficient machining accuracy and insufficient strength at the feeding point. There was also a problem with the flatness of the gain [2]. Therefore, a folded long-hexagon antenna was developed to improve these problems. The developed antenna has wider bandwidth up to 20 GHz and smaller VSWR than the previous antenna [3]. In this report, for the purpose of improving the gain in the low frequency range, the antenna shape and antenna dimensions are changed from the report [3], and prototypes are fabricated. The results of measuring the characteristics will be shown.
キーワード (和) 菱形折返しアンテナ / 長六角形折返しアンテナ / 3アンテナ法 / 複素アンテナ係数 / アンテナ利得 / / /  
(英) folded rhombic antenna / folded long-hexagon antenna / 3-antenna method / complex antenna factor / antenna gain / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 199, EMCJ2020-30, pp. 31-35, 2020年10月.
資料番号 EMCJ2020-30 
発行日 2020-10-15 (EMCJ, MW, EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2020-30 MW2020-44 EST2020-32

研究会情報
研究会 MW EST EMCJ PEM IEE-EMC  
開催期間 2020-10-22 - 2020-10-23 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) EMC一般/マイクロ波/電磁界シミュレーション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2020-10-MW-EST-EMCJ-PEM-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広帯域長六角形折返しアンテナの試作と特性測定(2) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fabrication of Broadband Folded Long-Hexagon Antenna and its Characteristic Measurement (2) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 菱形折返しアンテナ / folded rhombic antenna  
キーワード(2)(和/英) 長六角形折返しアンテナ / folded long-hexagon antenna  
キーワード(3)(和/英) 3アンテナ法 / 3-antenna method  
キーワード(4)(和/英) 複素アンテナ係数 / complex antenna factor  
キーワード(5)(和/英) アンテナ利得 / antenna gain  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石崎 利弥 / Toshiya Ishizaki / イシザキ トシヤ
第1著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: TGU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 亨 / Kyo Kobayashi / コバヤシ キョウ
第2著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: TGU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石上 忍 / Shinobu Ishigami / イシガミ シノブ
第3著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: TGU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川又 憲 / Ken Kawamata / カワマタ ケン
第4著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: TGU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 張間 勝茂 / Katsushige Harima / ハリマ カツシゲ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 祷 真悟 / Shingo Inori / イノリ シンゴ
第6著者 所属(和/英) エレナ電子株式会社 (略称: エレナ電子)
Elena Electronics Co.Ltd. (略称: Elena)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-10-22 11:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2020-30,IEICE-MW2020-44,IEICE-EST2020-32 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.199(EMCJ), no.200(MW), no.201(EST) 
ページ範囲 pp.31-35 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2020-10-15,IEICE-MW-2020-10-15,IEICE-EST-2020-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会