お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-22 15:25
[招待講演]組織間での安全なデータ活用を実現する秘密計算技術
竹之内隆夫デジタルガレージIN2020-32
抄録 (和) 組織間でのデータを流通して活用することにより、より良いサービスを提供することや、社会的な課題の解決を目指すことが重要となってきています。しかし、機密性の高いデータを流通することは、セキュリティ・プライバシの観点で容易ではないのが現状と考えます。そこで、データを秘匿しながら処理できる秘密計算技術を用いて、データを組織間で安全に流通・結合・分析することが期待されています。本発表では、秘密計算技術の概要と、いくつかの実証例などをご説明いたします。さらに、社会実装に向けた法制度などの整備についての動向についても紹介します。 
(英) It is becoming more and more important to distribute and utilize data between organizations to provide better services and to solve social issues. However, it is not easy to distribute highly confidential data from the viewpoint of security and privacy. Therefore, it is expected that the Multi-Party Computation (Secure Computation) technology which can process the data secretly is used to distribute, combine and analyze the data securely between organizations. This presentation explains the outline of Multi-Party Computation technology and some practical examples.
キーワード (和) セキュリティ / プライバシ保護 / 秘密計算 / データ流通 / データ活用 / / /  
(英) Security / Privacy / Secure Computation / Multi-Party Computation / Data Utilization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 203, IN2020-32, pp. 12-17, 2020年10月.
資料番号 IN2020-32 
発行日 2020-10-15 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2020-32

研究会情報
研究会 IN ICTSSL NWS  
開催期間 2020-10-22 - 2020-10-23 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) サイバー攻撃対策,災害対策・障害対策,BCP・レジリエンス,スマートグリッド,省エネルギー,データ分析,ネットワーク信頼性技術,セキュリティ・プライバシ保護技術,及び一般
※※※ 本研究会は電気学会スマートファシリティ研究会との連催です.※※※

注:NWS研究会は発表申込の締切日及び申込方法が異なります.詳細はこちらをご参照ください. 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2020-10-IN-ICTSSL-NWS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 組織間での安全なデータ活用を実現する秘密計算技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Secure Data Utilization using Multi-Party Computation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(2)(和/英) プライバシ保護 / Privacy  
キーワード(3)(和/英) 秘密計算 / Secure Computation  
キーワード(4)(和/英) データ流通 / Multi-Party Computation  
キーワード(5)(和/英) データ活用 / Data Utilization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹之内 隆夫 / Takao Takenouchi / タケノウチ タカオ
第1著者 所属(和/英) デジタルガレージ (略称: デジタルガレージ)
Digital Garage (略称: Digital Garage)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-10-22 15:25:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2020-32 
巻番号(vol) IEICE-120 
号番号(no) no.203 
ページ範囲 pp.12-17 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2020-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会